【ネコの食事メニュー】妊娠、肥満、痩せすぎ、夏バテにおすすめの食事内容まとめ

当ページをみてくれているということは、もしかしたら

  • 妊娠中の愛猫ちゃんにオススメの食事のメニューって何なのかな?
  • 肥満や痩せすぎの猫ちゃん、どんなキャットフードを与えればいいの?
  • 夏バテで食欲がない…こんな猫ちゃんに食べさせる方法は?

愛猫ちゃんのこんな状態を、どうにかしようとネットで調べまくっていませんでしたか?

そんな愛猫ちゃんの食事のメニューに悩んだ飼い主さんにむけ、当ページでは、ネコちゃんの状態別に与えたいフード、控えたいフードを詳しく解説!!

結論から先にお伝えすると、万能なキャットフードもありますが、体調やコンディション、年齢によって与えたい食品・控えなければならない食品もあります。

普段からどれだけ飼いネコの健康状態を細かくチェックしているか?

こんな部分がフード選びのポイントになってきます。

このへんも詳しく解説してますので、早速みていきまみしょう!

スポンサーリンク




キャットフード選び7つのPOINT

  1. 肉食のネコには高タンパク質、高脂肪、低炭水化物というバランスが理想的
  2. 必須のアミノ酸、ビタミン、ミネラルをたっぷり配合している
  3. 泌尿器系の疾患がきになるネコちゃんは専用の対策フード
  4. 腎臓機能の低下を予防するために良質なタンパク質を
  5. 猫はより新鮮な食べ物を好む性質なので、少ない容量のパッケージが理想。
  6. 水を積極的に摂れる工夫がなされている
  7. 酸化防止剤の中でもBHA、BHT、エトキシキン等の添加物が入っているのは避ける

片っ端から調べて、すべてをクリアしているキャットフードだけを、以下のページで紹介してるよ!
ネコの餌 徹底比較ページ

妊娠中や出産後の母ネコちゃんにおすすめの食事メニューとは?

ねこ
まず食事メニューが大きく変わるパターン、妊娠中・出産後の母ネコちゃんの食事メニューについて考えてみましょう。

妊娠、出産授乳をしている母ネコは大変な体力を消耗します。

じつにそのエネルギー消費量は普段の2~3倍・・・それだけ多くのエネルギーを消費するのでじゅうぶんな栄養素が必要なのです。

また食欲も旺盛になるので食事量の見直しも必要です。とくに出産後は子ネコに母乳を与えるため、普段以上に食事量が増えます。

すこしでも栄養価の高い食事内容、さらに回数を増やすといった工夫をしてみましょう。

主なメニューの材料として・・・

  1. 牛乳
  2. チーズ
  3. 肉の脂身
  4. 魚の脂身

などがおすすめの食材!妊娠中・授乳中の母猫ちゃんには上記の食材を意識した献立、フード選びがいいでしょう。

また妊娠中のネコちゃんの場合、

  1. ビタミンD
  2. ビタミンE

この2つは大切な栄養素。これらをカバーできるレバーやバターなどを与えることもお勧めです。

また妊娠中も出産後も、母ネコはいつもより神経質な状態・・・食事内容だけでなくゆっくりと落ち着いて食べられる環境を整えてあげることも忘れずに。

体調不良、病気の場合のおすすめの食事メニュー

続いては病気の時のオススメの食事メニュー。

病気の種類によって食事の内容も大きく変わってきますが、大前提として深刻な疾患を抱えている場合、かかりつけの動物病院の先生と相談し、治療に沿った食事療法を行ってください。

例えばネコちゃんにありがちな尿路結石などの泌尿器症候群の場合、食事療法が非常に効果があります。

かかりつけの動物病院の先生と相談の上、最終的なメニューを決めることにはなりますが、例えば以下のようなメニューがおすすめです。

尿路結石などの泌尿器症候群の食事療法におすすめのメニュー

できれば上質なタンパク質と高カロリーでマグネシウム含有の低いもの、炭水化物とカルシウム、ビタミンなどバランスがよく含まれた食事が理想的です。

こんな泌尿器の弱いネコちゃんの場合・・・

  • 肉の赤身
  • レバー
  • 牛乳
  • ご飯
  • チーズ
  • 野菜

などを積極的に取り入れてみましょう!

尿路結石の場合、おしっこが出やすくなる工夫を!

また尿の量を増やすために水分を多くとることも大切です。専用のフードを利用する、またはちょっぴり塩分を強めにして、いつもより多くの水を飲むように工夫してみましょう。(過剰摂取は注意)

太り過ぎ・デブネコ、肥満のネコにおすすめの食事メニューとは?

cat
太り過ぎのデブネコちゃんの食事内容を決める場合、、まず肥満の原因を突き止めることを優先してください。

去勢手術をしたために肥満気味、洋ネコとのハーフのためもともと太りやすい体質、と肥満の原因はいろいろですが、いずれにせよカロリーを抑えるように工夫してみてください。

また時間の不規則な食事や変色は、人間が太る理由と同じく肥満の大きな原因・・・まずは規則正しい食生活を意識して脂肪分の過剰摂取に気をつけましょう。

お肉の中でも脂肪分の少ない

  1. 赤身の牛肉や馬肉
  2. 鶏のササミ

このあたりを主食にしてみてはどうでしょうか。もちろんネコ用のダイエットフードも有効です。

ポイントは食事量量を減らさずにカロリーを抑えること。

食事量を極端に減らした場合、すぐに家族の誰かにおねだりしたり、拾い食い、盗み食いをすることもあるので、できない環境づくりも大切です。

痩せすぎ、ガリガリのネコちゃんにおすすめの食事メニュー

ねこ
人間と同じようにいくら食べても太らない・・・そんなネコちゃんも意外と多いもの。肥満も良くありませんが、じつは痩せすぎも健康面に良い面はありません。

しっかりと適正体重に戻るよう、飼い主さんが食事メニューを工夫してあげましょう。

そんな食べても食べても痩せすぎのネコちゃんの場合、脂肪の多い生の肉類やチーズ、粉乳、卵などを積極的に与えてみてはどうでしょうか。

毎日の食事に少量のバターを混ぜると意外と効率よくカロリーを摂取できますよ。

食事メニューを工夫しても痩せすぎが改善されない…

またこれらの工夫を行っても痩せすぎが改善されない・・・そんな場合何か病的な原因も考えられます。不安な場合はかかりつけの動物病院で検査してもらいましょう。

夏バテでへばったネコちゃんにおすすめの食事メニュー

Cat
床に寝そべってばかりで食欲もない・・・7~8月の暑い時期ともなればそんな夏バテしているネコちゃんもけっこういますね。人間と同じで夏が得意なネコとそうでないネコがいます。

そもそもこの現象は、ネコが人間のように皮膚の汗腺から積極的に発汗することができないため・・・床に寝そべって何もやる気のない行動は、ネコちゃんにとって体力を保つための防御策なんです。

人間にとっても暑い夏の時期、ネコちゃんが行動するには人間以上に体力を消耗するということ。

結果、夏バテでへばって食が細くなるのは、たいていはエネルギー消費量が減ったため、食事の量も減っただけのこと。涼しい季節に入ることで食欲も戻ってくるのでご安心ください。

ですがあまりに食欲が落ちている場合は注意も必要。様子をみながら夏バテ対策の食事メニューを用意してください。

ポイントは少量で必要十分な栄養素が摂取できる食事。

夏バテでへばったネコちゃんの場合・・・

  • バター
  • プロセスチーズ
  • 卵黄
  • 植物油
  • 魚や肉などの脂身

といった高カロリーな食品を積極的に取り入れてみましょう!

ただこれらの硬貨ロリー食品を過剰にとることで、栄養過多や偏食につながることも。

最悪の場合、肥満や内臓疾患の恐れも・・・高カロリー食品だけでなくバランスよく各種の食事も取り入れるカタチが良いでしょう。

【まとめ】普段から愛猫の状態を観察しておこう

以上、ネコちゃんの状態別でみる、おすすめの食事メニューや注意点となります。

ある程度は食事メニューをネコちゃんの状態に合わせて工夫することで、対処できるかと思います。

ただ深刻な疾患や体調不良かも・・・という場合、自己判断で食事療法で解決しようとしないこと!飼いネコのためにも、かならず信頼のおける動物病院の先生にご相談ください。

フード選び・食生活の見直しは普段の観察がカギを握る

いずれにせよ、普段から愛猫の食事の様子や排便、おしっこ・・・と小さな変化を見逃さないことが大切。

変化に気づかない限り食事メニューで対応することもできません。

また当ページを読んで食事メニューを工夫する場合も、急激に食生活を変えてしまうとネコちゃんもビックリする上に、食べ慣れない食事で余計なストレスも…時間をかけて徐々に変化させましょう。

ぜひ当ページが、愛猫ちゃんの食事メニューの見直しのお役に立てれば幸いです!

キャットフード選び7つのPOINT

  1. 肉食のネコには高タンパク質、高脂肪、低炭水化物というバランスが理想的
  2. 必須のアミノ酸、ビタミン、ミネラルをたっぷり配合している
  3. 泌尿器系の疾患がきになるネコちゃんは専用の対策フード
  4. 腎臓機能の低下を予防するために良質なタンパク質を
  5. 猫はより新鮮な食べ物を好む性質なので、少ない容量のパッケージが理想。
  6. 水を積極的に摂れる工夫がなされている
  7. 酸化防止剤の中でもBHA、BHT、エトキシキン等の添加物が入っているのは避ける

片っ端から調べて、すべてをクリアしているキャットフードだけを、以下のページで紹介してるよ!
ネコの餌 徹底比較ページ

ネコちゃんお腹の調子を維持するためにも、フードの切り替えには1週間程度かけて、ゆっくりと切り替えてあげましょう。現在のフードを毎日少しずつ減らし、新しいフードの量を少しずつ増やすようにしましょう。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする