【ナチュラルチョイス 室内用 キトンの口コミ・評判】市販のキャットフードを辛口評価!

市販キャットフードの口コミ・評判

わざわざ当ページにきてくれたということは、もしかすると子猫ちゃんのために少しでも良いフードを探して「ナチュラルチョイス」にたどり着いたのではないでしょうか?

 

そんな「マースジャパン ニュートロ ナチュラルチョイス」が気になる飼い主さんにむけ、当ページでは徹底的に分析し、生の口コミ、評判を集めて本当に信用できるのか探ってみました。

先に結論からいっちゃいますと、市販のドライフードの中では

  • 子猫用のプレミアムフードとして安心できる
  • と評判は上々!

    ただ、完璧フード!とはいえない部分もありますので、そのへんも含めて詳しく解説していきます。

    また後半では、 ナチュラルチョイス 室内用 キトン チキン 生後12ヶ月までキャットフードを辛口評価しちゃってます。ぜひ購入前に目を通しておいてください!

    年齢や体調に合わせたネコごはんを!!
    スポンサーリンク

    【ニュートロ ナチュラルチョイス 室内用 キトン チキン 生後12ヶ月まで】とはどんなフード?

    ミートファーストと強調しているだけあり、素材本来の美味しさを活かしてあるプレミアムフード。

    そのため肉のクオリティが高い!

    そんな90年間愛され続けたナチュラルチョイスのこだわりを4つご紹介!

     

     

    ナチュラルフードを使用

    ここで使われているチキンは自然飼育されたもの。しかも羽などの食用とされない部位は使用しないこだわり。

    また、合成の酸化防止剤、着色料、化学合成物不使用といった徹底ぶり。

     

     

    皮膚・被毛の健康維持

    ネコちゃんの健康は皮膚・被毛に表れます。美しく輝く被毛は生き生きした健康状態の証。
    そんな健康のバロメーターには新鮮なお肉からとれるリノール酸と鶏脂、亜鉛がバランス良く配合。

     

     

    子猫の発育にに必要な成分を配合

    この時期は成長するスピードがはやい。ねこちゃんの1年は人間でいうと18歳相当。
    ってことは、子猫のこの時期に十分な栄養が必要ということ。
    その最適な栄養バランスをペット栄養学に基づいて作られている確かなもの。

     

     

    便臭をサポート

    室内猫ちゃんにとってやはり便臭は気になってしまうもの。
    それを解決するのが、腸内の善玉菌を増やすプロバイオティクスを配合することで腸内環境がよくなり、便臭を軽減。

     

     

    ナチュラルチョイス 室内用 チキン 生後12ヶ月までの原材料と特徴

    それでは気になるナチュラルチョイス 室内用 キトン チキン 生後12ヶ月までの原材料と特徴を見ていきましょう。

    原材料
    チキン生肉、乾燥チキン、エンドウタンパク、鶏脂*、粗挽き米、玄米、ポテトタンパク、ビートパルプ、オートミール、乾燥サーモン、タンパク加水分解物、アルファルファミール、大豆油*、フィッシュオイル*、ユッカ抽出物、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、緑茶抽出物、スペアミント抽出物
    * ミックストコフェロールで保存
    主成分
    タンパク質 36.0% 以上 脂質 19.0% 以上 粗繊維 4.0% 以下  灰分10.5% 以下 水分 10.0% 以下  カルシウム 1.2% 以上  リン 0.9% 以上  リノール酸 3.8% 以上  亜鉛 300mg/kg 以上 ビタミンE 250IU/kg 以上  タウリン 0.18% 以上  マグネシウム 0.15% 以下  ビタミンC 50mg/kg 以上  DHA 0.06% 以上
    その他の特長
    内容量 500g, 2kg
    AAFCO栄養基準
    代謝エネルギー 400kcal/100g

    とこんな感じの配合になっています。

     

     

    なんといってもこちらの主原料を見て下さい!

    チキン生肉とありますね。

    もともとねこちゃんは肉食動物なので、本来の肉味は大好物。しかも素材そのままなので、合成ビタミン、ミネラルなどの添加を最小限でおさえられる。

    さすがナチュラルチョイスと言われてるだけあり、なるべく自然そのままを活かして作られています。

     

    子猫の発育に必要な成分を配合

    • 骨格と歯にはカルシウムとリンをバランス良く配合
    • 心機能と視力にはねこちゃんの体内で生成されないタウリンを配合
    • 脳と視力にはフィッシュオイルに豊富に含まれる自然由来のDHAがサポート
    • 腸内環境には子猫ちゃんが消化しやすくおなかにやさしい高品質な原材料を厳選。また玄米やオートミールなどバランスのよい食物繊維を組み合わせることで、腸内環境を良くする効果が発揮。

     

     

    その他については酸化防止剤ですね。
    ナチュラルチョイスでは、天然成分であるミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物などを使用しているため発がん性の心配がなくなります。

    【ミックストコフェロールとは?】

    酸化防止剤として、油脂などの酸化を防ぎ保存性をよくするために配合される植物性油脂から得られる成分。

    酸化防止剤そのものが、あまり良いものとはいえませんが、発がん性物質が認められる合成酸化防止剤よりは、天然酸化防止剤のミックストコフェロールの方が安全です。

    合成酸化防止剤よりは長期保存に向かないため、開封後はできるだけ早めに食べきることをおすすめします。

     

    徹底分析 ナチュラルチョイス 室内用 キトン チキン 生後12ヶ月までの気になる部分!

    う~ん、大して変なものは見当たらない感じですが、しいて言えば

    ビートパルプ

    でしょうか…

    まずビートパルプとはサトウダイコンから糖分を搾り取ったあとに残った繊維質を固めて作った原材。

    メリット…
    水に溶けない繊維質で「不溶性食物繊維」と呼ばれ、 腸内の掃除や毛玉の排出に役立つ。
    また不溶性食物繊維は、ノーカロリーで胃の中で水分を吸って膨張するため満腹感を満たす

    デメリット…
    絞りとる工程で硫酸系の薬剤が使われていることから、体に良くないと言われてる。
    この影響で、便意を抑え便が長く腸内に留まるため、硬く小さい便になってしまう。
    こういった成分で、栄養的にはゼロですし甘いものなので、膵臓、腎臓への負担が大きい

    このように良い面悪い面をもっている成分。でもデメリットがあるならば使ってほしくないですね。

     

     

    その他では米、オートミール、玄米でしょうか…

    小麦に比べたらアレルギーを起こしにくいと言われているので適量であれば腸内環境を整える作用があります。

    ただ穀物入りのフードを食べさせてしまうとアレルギーがでてしまうことがまれにあるので、不安要素がのこります。

    もし、ねこちゃんがかゆがっていたり、目の周りが赤くなって涙が出ているなどの症状がある時は、アレルギーの可能性がたかいので早めに受診することを頭に入れておきましょう。

     

     

    ナチュラルチョイス 室内用 チキン 生後12ヶ月までを実際に利用した飼い主さんの口コミ、評判

    正直、公式サイトの宣伝文句だけでは、フードの良い面しか掲載されていません!

    ここでは実際に購入した飼い主さんのリアルな口コミ・評判をいくつかピックアップしておきます。

    ぜひ購入前の参考にしてみてください!

    前はoriginをあげていましたが、こちらに代えても食いつきが良かったです。
    子猫向けにかなり粒が小さくて、食べやすそうです。(Amazonより)

    プレミアム、お手頃問わず、どんな餌を与えても●のキレが悪く肛門が汚れていたうちの猫。なぜかこのニュートロナチュラルチョイスだけとても●の状態がよいです。コロッとしてシステムトイレでも砂が汚れず、においも全くありません(Amazonより)

    色んなドライフードを試してみましたが、このフードが一番うちの猫ちゃん達に合うようで、お腹が緩くなる事がなくなりました!
    毛艶も良く、ツヤツヤです!(Amazonより)

    ロイヤルカナンからの切り替えです。やや食いつきは落ちますが、完食してくれます。このフードにしてからはやや硬めですが、快便がつづいており満足しています。(Amazonより)

    獣医さん、ブリーダーさん、お薦めですが、いつも、美味しそうに食べてます。
    ウンチの状態も一番良いですし、毛並みも良く、健やかに元気いっぱい成長しています。お安くて、迅速で、助かります(楽天市場より)

    安全なご飯で安心ですし、うちの子たちはよく食べてくれます。
    すごく気に入ってるご飯です。他の味も好きみたいです。(楽天市場より)
    6~7個ほど口コミ、

    ウチのニャンはお気に召さなかったようです。ロイヤルカナンキトンと混ぜてあげているのですが、笑っちゃうくらいキレイにニュートロキトンだけ食べ残しています。(Amazonより)

    うんちが凄く臭いです(‘;ω;`)(Amazonより)
    こちらの餌一種類にした途端すごい下痢。柔らかいどころじゃなくもう水でした。
    長く付き合えば、そのうち慣れたかもしれないですが、なんせ長毛種なのでお尻につけて歩かれると机や床につくのが耐えれません(T_T)
    元の餌に戻したところ下痢がとまりました。
    食べさせたかったのでとても残念です。(Amazonより)

    ニュートロは、一口食べるまでの嗅ぎ嗅ぎが長く、食べませんでした。ピュリナワンやシーバに混ぜて与えると、吐き出しながら食べる始末。
    餌の相性に驚きました。味は臭みもなく素晴らしいと思いますが、ふやかして1日置いておくと茶色から灰色に脱色?変色?しましたが…。
    着色なしで、そこだけ気になります。(Amazonより)

    ウチの子には合わないのか、目ヤニが増えたような気がする。(楽天市場より)

    一所懸命食べようとするんですが、ほとんどお口からこぼれてしまいます。
    少しふやかしてみたんですが、カリカリのままが良いようで食べてくれず…
    うちの子には粒が小さすぎたようです。
    残念です(´・ω・`)(楽天市場より)

    年齢や体調に合わせたネコごはんを!!

    ナチュラルチョイス 室内用 キトン チキン 生後12ヶ月までの気になる評判は?

    ではナチュラルチョイス 室内用 チキン 生後12ヶ月までの口コミや評判をふまえた上で、メリット・デメリットをまとめてみます。

    ナチュラルチョイス 室内用 キトン チキンのメリット

    • 新鮮さと美味しさにこだわりミートファーストを実践
    • 厳選した自然素材を使用しているため安心感がある
    • 合成の酸化防止剤、着色料、化学合成物不使用

    ナチュラルチョイス 室内用 キトン チキンのデメリット

    • 近隣の薬局やスーパーなどには置いていないため不便
    • 通常のキャットフードに比べ値段が高め
    • 外国産だけに不安がある

     

     

    ニュートロ ナチュラルチョイス 当サイトの総合評価は!?

    商品名 項目別の評価

    【ニュートロ ナチュラルチョイス キトン】

    安全性

    原材料

    クチコミ・評判

    価格・コスパ

    こんな方におすすめ
    1.  できるだけナチュラルフードで安心して育てていきたい!
    2. 皮膚や便の調子が安定しない時に!
    当サイトの総合評価
     素材や栄養バランスにこだわってつくられている添加物不使用のプレミアムフード。

    ただ穀物がちらほら配合されているのが気になります。
    穀物のなかでも比較的アレルギーが低いとされているものを配合しているところはすばらしいですが…

    やはりアレルギーが心配…と少しでも不安があるならば、おすすめはできません。

    その他については、添加物不使用のナチュラルフードというこだわりがあるので今回の評価を『GOOD』とさせていただきます。

    ニュートロ ナチュラルチョイス 室内用 キトン チキン 生後12ヶ月まではおすすめのフードなのか?

    以上、今回はナチュラルチョイス 室内用 キトン チキン 生後12ヶ月までについて、気になる部分を中心にまとめてみました。

    まとめてみると

    • チキンが大好き
    • 便秘気味
    • 皮膚の調子が悪い

    というネコちゃんにあうフードかもしれません。

    ただ、穀物アレルギーが心配…という方は

    グレインフリーのキャットフードをオススメします!

     

    キャットフード選びはネコちゃんの体格や嗜好性、健康状態によって変わります。

    ピッタリのフードが見つかるまでは、フードの価格や販売元にこだわらず、とりあえず試してみる!という気持ちが大切ですね。

    当ページを参考に、飼い猫ちゃんにピッタリのフードを見つけてくださいね!

    年齢や体調に合わせたネコごはんを!!