【カルカン 12ヶ月までの子ねこ用の口コミ・評判】市販のキャットフードを辛口評価!

このページにきたってことは、もしかしたら

  • 他のフードに比べて安いとなると、原材料や主成分の安全性って実際どうなんやろ?

なんて思いながら『カルカン 子ねこ用』のリアルな口コミや評判をネットで検索していませんでしたか?

そんな検討中の飼い主さんにむけ、原材料や主成分を徹底調査し、公式サイトには記載されていないリアルな口コミや評判を集めてみました。

ぶっちゃけ先に言っちゃいますと、

  • 食いつきがいい
  • 家計に助かる価格でどこでも購入しやすい

との評判があるものの

  • 合成着色料、保存料などの添加物が多すぎる

と、市販のキャットフードの中でも使いすぎという結論となりました。

ここではっきりいってしまうと、安全性を気にしてる飼い主さんにはおすすめできません。

このへんも詳しく解説していますので、みていきましょう!

スポンサーリンク




キャットフード選び7つのPOINT

  1. 肉食のネコには高タンパク質、高脂肪、低炭水化物というバランスが理想的
  2. 必須のアミノ酸、ビタミン、ミネラルをたっぷり配合している
  3. 泌尿器系の疾患がきになるネコちゃんは専用の対策フード
  4. 腎臓機能の低下を予防するために良質なタンパク質を
  5. 猫はより新鮮な食べ物を好む性質なので、少ない容量のパッケージが理想。
  6. 水を積極的に摂れる工夫がなされている
  7. 酸化防止剤の中でもBHA、BHT、エトキシキン等の添加物が入っているのは避ける

片っ端から調べて、すべてをクリアしているキャットフードだけを、以下のページで紹介してるよ!
ネコの餌 徹底比較ページ

【マースジャパン カルカン 12ヶ月までの子ねこ用】とはどんなフード?

キャットフードといえば「カルカン」が頭に浮かぶほど有名になっていますよね。

それって飼い主さんが買いやすいよう、

  • 身近なお店に置かれている
  • 値段が手頃
  • ねこちゃんの食いつきがいい

という好都合なフードといえるのではないでしょうか。

そんな人気のカルカンの4つの特徴を紹介!

健康な歯と骨の発育をサポート

カルシウムたっぷりのミルク配合で子猫ちゃんに食べやすいフードにしてある。

発育に必要な栄養源を確保

この時期のねこちゃんの成長スピードは人間の18倍といわれているため、エネルギー源が必要。
なので、たんぱく質をたくさん取らなければいけない。
でもそのたんぱく質をやたら多くとっていいというわけではなく、バランス良く配合されていることが大切。
その点では、考えられた配合になっている。

お腹の健康維持

食物繊維であるオリゴ糖や野菜類を配合することで、子猫ちゃんの未熟な腸をサポート
この成分によって、腸に溜め込まないようになり健康維持していく。

小分けパックでいつでも新鮮

便利な分包タイプになっているので、あまり量を食べない子猫ちゃんには最適。

800g・・・400g × 2袋
1.6kg・・・400g × 4袋

カルカン 12ヶ月までの子ねこ用 かつおと野菜味 ミルク粒入りの原材料と特徴

それでは気になるカルカン 12ヶ月までの子ねこ用 かつおと野菜味 ミルク粒入りの原材料と特徴を見ていきましょう。

原材料
穀類(とうもろこし、米、小麦等)、肉類(チキンミール、チキンエキス等)、油脂類(パーム油、大豆油等)、大豆、植物性タンパク、魚介類(かつおエキス、フィッシュエキス等)、食物繊維(ビートパルプ、オリゴ糖)、家禽類、野菜類(ほうれん草、にんじん等)、ミルクパウダー、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、カルシウム、クロライド、セレン、鉄、銅、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、リン)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(クエン酸、BHA、BHT)、着色料(赤102、青2、黄4、黄5)、pH調整剤、保存料(ソルビン酸K)
主成分
タンパク質 30.0%以上
脂質 12.0%以上
粗繊維 3.0%以下
灰分 9.0%以下
水分 12.0%以下
カルシウム 1.10%
リン 1.00%
タウリン 0.18%
リノール酸 1.00%
マグネシウム 0.09%
ビタミンE 125IU/kg
ビタミンA 18000IU/kg
その他の特長
代謝エネルギー(100g当たり) 365kcal

とこんな感じの配合になっています。

穀物類が主原料となっていますが、肉類、魚類、野菜類を見てみると、栄養バランスよく配合。

野菜類に関しては、素材そのままを使用しているので安心感があります。

ここでは、ほうれん草、にんじんが使われていますがこの働きというと、

ほうれん草…緑黄色野菜の王様といえばほうれん草。ヘモグロビンの主成分となる鉄と、体内で鉄の吸収を助けるビタミンCを豊富に含んでいるので貧血防止に。

にんじん…主成分である「カロチン」は、体内で必要に応じてビタミンAに変換される。
粘膜を補強し免疫力を高める働き。ガン予防。

の効果があります。

タウリン配合の必要性
ねこちゃんは人間と違って、アミノ酸の一種であるタウリンが体内でほとんど合成されません。
このタウリンが欠乏すると、失明や心筋症などを引き起こすリスクが高まってしまいます。
なので、タウリン配合は猫ちゃんにとって必要といえます。

徹底分析 カルカン 12ヶ月までの子ねこ用ドライキャットフードの気になる部分!

やはりコストをおさえている分、このような添加物を使うことになるんでしょうか…?

かなりの使用度なのでびっくりするかもしれませんが、ひとつづつ説明していきますね。

酸化防止剤

化学系酸化防止剤であるBHA、BHTを使用。

  • BHA(ブチルヒドロキシアニソール)は、発がん性が確認
  • BHT 動物実験では脱毛・無眼症が報告

また、アメリカでの実験報告によれば膀胱ガンや甲状腺ガンを誘発する可能性。
こういった危険性があるので、できれば酸化防止剤には天然成分ものを選びたいものです。

続いて・・・

着色料

着色料(赤102、青2、黄4、黄5)について
食用赤色102号・・・アレルギーの原因
食用青色2号 ・・・発ガン作用
食用黄色4号 ・・・じんましんなどの原因
食用黄色5号 ・・・発がん性、ぜんそくのアレルゲンになる

保存料(ソルビン酸K)について

細菌やカビの発生・増殖を抑える働きがあるため腐敗防止として使われる。
影響としては、がんの発生と関係があること。

pH調整剤について

加工食品の腐敗防止また、変色防止などを行うために酸性度またはアルカリ度を調整するために使われる食品添加物の総称
リン酸、クエン酸、炭酸水素ナトリウムなど数種類ある。
こちらに関しては、他の添加物に比べるとそれほど体に影響がない。

とはいっても人工的に加えているものなので、頭に入れておいたほうがいいでしょう。

以上、『カルカン 子ねこ用』にはこのような添加物が配合されています。

子猫ちゃんの健康を考えるのなら、こういった添加物をさけたいもの。

もう一つ気になる点は、穀物類が主原料なこと。

ネコちゃんは本来肉食動物。肉や魚以外のタンパク源を多くとると、アレルギー反応を起こしやすいんです。
ましてや、子猫ちゃんのように小さな体には腸への負担が必要以上にかかってしまう。

これに関しても、不安な部分が残ります。

カルカン 12ヶ月までの子ねこ用を実際に利用した飼い主さんの口コミ、評判

正直、公式サイトの宣伝文句だけでは、フードの良い面しか掲載されていません!

ここでは実際に購入した飼い主さんのリアルな口コミ・評判をいくつかピックアップしておきます。

ぜひ購入前の参考にしてみてください!

お値段もお手頃でカルカンの商品なので安心して食べさせる事ができます!(Amazonより)

味がよいのか、食感がいいのか(生後3か月ぐらい)わかりません。歯も生え変わる前でうずくんだと思うのですが、堅さもちょうど良いのかよく食べます。(Amazonより)

飽きずによく食べています。小分けなのもよいです。お財布にやさしいのもよいですが、本当は原材料表示の最初に肉類が来る方がいいのかなぁ。でもうちの子猫はいたって健康で、うんちは毎回立派なものです。(Amazonより)

10ヶ月の猫2匹です。ずっとこの商品を食べています。栄養満点で元気に育ちすぎました笑。次回からは成猫用に切り替えようと思います。(楽天市場より)

外猫用に購入頭数が増えコスト抑える為にランク下げ、ピュリナよりは美味しくないかも?雑穀混載のフードは肉食動物には不適切ですが、うちの子のフードみたいなプレミアを与える訳にもいかず妥協で購入。(楽天市場より)

生後4ヶ月の子猫に与えたところ食べはしたものの、うんちがドロドロになりました。
便のニオイかなり臭かったです。
違う餌にかえたら固形に戻りニオイも落ち着いたので、うちの猫には合わなかったようです(Amazonより)

生後1ヶ月半すぎの離乳済み子猫用に購入しました。
粒も小さく、食いつきも良いのですが、
ミルク粒だけが他の粒より格段に大きく、子猫によっては喉に詰まらせます(ました)。(Amazonより)

試しに、あげてみたら、2匹とも下痢10回くらいした。最後のほうは水に血のようなもまででていた。病院に連れていこうかとおもいましたが、元のエサに変えたらすぐに治りました。やはり、安いエサはあげるものではないですね(Amazonより)

知らずに与えていた時は、美味しいのか喜んで良く食べていました。危険と言われている酸化防止剤が入っている事を知ってからやめました。(Amazonより)

美味しいのでたくさん食べて、太り過ぎました。
もっと体に優しい餌にすれば良かったです。
値段だけで決めてしまいました。(Amazonより)

子猫を飼うことになったので購入しました。こちらは食いつきが悪く大人用の餌ばかり食べます。うちの子には向かなかったみたいです。(楽天市場より)

カルカン 12ヶ月までの子ねこ用の気になる評判は?

ではカルカン 12ヶ月までの子ねこ用での口コミや評判をふまえた上で、メリット・デメリットをまとめてみます。

カルカン 子ねこ用のメリット

  • 価格が手頃なので買い
  • 食いつきがいい

カルカン 子ねこ用のデメリット

  • 添加物をかなり使用しているので発がん性の危険がある
  • 穀物類を配合されているのでアレルギーが心配
  • 軟便になりやすい

カルカン 子ねこ用 当サイトの総合評価は!?

商品名 項目別の評価

カルカン 子ねこ用

安全性

原材料

クチコミ・評判

価格・コスパ

こんな方におすすめ
  1.  健康面には自信あり!なのでフードはコスパ重視。
  2. 高級なプレミアムフードもいいけど、どんなフードにも対応できるネコちゃんに育てたい!
  3. キャットフードはどこでも購入できる入手性も肝心だ!
当サイトの総合評価
 全体的にみて、添加物がこんなにも配合されているとなると正直おすすめとはいえませんね。

ただ食感を工夫しているため、飽きっぽい…なんてタイプのネコちゃんに、おやつ代わりであげてみるくらいならいいかも。

また穀物が主原料ということに関して、アレルギーの可能性が高くなるリスクを考えると、こだわり派の飼い主さんにはお勧めできませんので今回の評価を少々厳しくして『がんばりましょう』とさせていただきます。

【まとめ】マースジャパン カルカン 12ヶ月までの子ねこ用 かつおと野菜味 ミルク粒入りーはおすすめのフードなのか?

以上、今回はカルカン 12ヶ月までの子ねこ用 かつおと野菜味 ミルク粒入りについて、気になる部分を中心にまとめてみました。

まとめてみると

  • 便秘気味
  • 飽きっぽく食いつきが悪い

というネコちゃんにおすすめのフードといえそうです。

キャットフード選びはネコちゃんの体格や嗜好性、健康状態によって変わります。

ピッタリのフードが見つかるまでは、フードの価格や販売元にこだわらず、とりあえず試してみる!という気持ちが大切ですね。

ただ、子猫ちゃんのこれからの成長を考えると何でもいいから食べさせてみる…というのではなく、添加物無しなどの最低限のこだわりフードを選んで頂きたいです。

当ページを参考に、飼い猫ちゃんにピッタリのフードを見つけてくださいね!

キャットフード選び7つのPOINT

  1. 肉食のネコには高タンパク質、高脂肪、低炭水化物というバランスが理想的
  2. 必須のアミノ酸、ビタミン、ミネラルをたっぷり配合している
  3. 泌尿器系の疾患がきになるネコちゃんは専用の対策フード
  4. 腎臓機能の低下を予防するために良質なタンパク質を
  5. 猫はより新鮮な食べ物を好む性質なので、少ない容量のパッケージが理想。
  6. 水を積極的に摂れる工夫がなされている
  7. 酸化防止剤の中でもBHA、BHT、エトキシキン等の添加物が入っているのは避ける

片っ端から調べて、すべてをクリアしているキャットフードだけを、以下のページで紹介してるよ!
ネコの餌 徹底比較ページ

ネコちゃんお腹の調子を維持するためにも、フードの切り替えには1週間程度かけて、ゆっくりと切り替えてあげましょう。現在のフードを毎日少しずつ減らし、新しいフードの量を少しずつ増やすようにしましょう。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする