【ヒルズ サイエンスダイエット 子猫用フードの口コミ・評判】市販のキャットフードを辛口評価!

もしかして…

ヒルズのサイエンスダイエット 子猫用って他のプレミアムフードに比べて評判はどうなんだろう…?

と、いった感じで『サイエンスダイエット子猫用』の口コミや評判が気になったんではないですか?

そんなサイエンスダイエット子猫用が気になる飼い主さんにむけ、当ページではサイエンスダイエット 子猫用の原材料や気になる添加物を徹底調査!!

ついでに実際に利用してみた飼い主さんの生の口コミ・評判も集め、ユーザー目線で辛口評価しています。

先に結論からいっちゃいますと

  • 獣医師もすすめるフードだけあり安心できるフード

と、評判は上々!

なのですが…

  • フードのニオイがきつい

という口コミが多いのが気になります。

これって何かマズイものが入っているの…?

なんて変な想像をしちゃいますよね。

そちらも詳しく解説し、後半では総合的に評価してます。

それでは一緒にみていきましょう!

スポンサーリンク




キャットフード選び7つのPOINT

  1. 肉食のネコには高タンパク質、高脂肪、低炭水化物というバランスが理想的
  2. 必須のアミノ酸、ビタミン、ミネラルをたっぷり配合している
  3. 泌尿器系の疾患がきになるネコちゃんは専用の対策フード
  4. 腎臓機能の低下を予防するために良質なタンパク質を
  5. 猫はより新鮮な食べ物を好む性質なので、少ない容量のパッケージが理想。
  6. 水を積極的に摂れる工夫がなされている
  7. 酸化防止剤の中でもBHA、BHT、エトキシキン等の添加物が入っているのは避ける

片っ端から調べて、すべてをクリアしているキャットフードだけを、以下のページで紹介してるよ!
ネコの餌 徹底比較ページ

【サイエンスダイエット キトン 12ヶ月 チキン 子猫用】とはどんなフード?

子猫ちゃんの時期に必要とされている栄養をちゃんとバランス良く配合されているフード。

と、言われているだけあり、獣医師本人も自分のペットに食べさせているほど。

そんな優れたフードの3つの特徴を紹介しましょう

DHA配合によって発育をサポート

子ねこの健康的な脳の発達、優れた学習能力と目の発育に必要な高品質な魚油由来のDHAを配合。

健康な腸内環境

高品質で消化のよい原材料を使用することで、必要な栄養素をしっかり吸収。
さらに食物繊維を配合しているので、便をスムーズにおしだしてくれる。

抗酸化成分配合で健康維持

猫ちゃんの健康をおびやかす病気の多くは、活性酸素が原因だといわれています。その活性酸素から体を守るためには、抗酸化成分を含んだ食事が重要。
しかも、サイエンスダイエットの抗酸化成分は高レベルなため、活性酸素を溜め込まない。

サイエンスダイエット キトン 12ヶ月 チキン 子猫用の原材料と特徴

それでは気になるサイエンスダイエット キトン 12ヶ月 チキン 子猫用の原材料と特徴を見ていきましょう。

原材料
トリ肉(チキン、ターキー)、トウモロコシ、動物性油脂、ポークエキス、魚油、ビートパルプ、亜麻仁、セルロース、米、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、クロライド、マグネシウム、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、ヨウ素)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン、トリプトファン、メチオニン、リジン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)
主成分
たんぱく質35.0%以上 脂肪 22.5%以上  粗繊維2.5%以下 灰分9.0%以下 水分6.5%以下 カルシウム 0.60%以上  リン0.60%以上 タウリン0.15%以上 DHA0.10%以上 ビタミンE 525IU/kg以上 ビタミンC85mg/kg以上
その他の特長
代謝エネルギー 432kcal/100g
製品サイズ800g、1.8kg総合栄養食
原産国 チェコ
AAFCOの基準をクリア

とこんな感じの配合になっています。

まず、主原料をみてみましょう。
トリ肉(チキン、ターキー)とありますね。

子猫ちゃんの1年の成長は、人間でいったら18年ほどといわれているんです。

ということは、

この成長時期にエネルギーであるタンパク質が必要となるわけです。

その必要量といったら人の約5~6倍。

その重要なたんぱく質はというと、高品質なチキン、ターキーですよね。

これですと高タンパク低カロリーとなり良好な体調と理想的な体重を維持することができ成長段階の子猫ちゃんには最適といえます。

次に

亜麻仁について…

亜麻仁とはゴマに似たもの。

効果は…

  • 健康な皮膚や艶のある毛並みを維持
  • 便秘解消
  • 抗酸化力や炎症反応を軽減

というように、子猫ちゃんの健康をサポート。

この成分が配合されているのとされていないのとでは成長に差がでる気がしますね。

そして酸化防止剤。
ヒルズでは、天然成分であるミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物を使用しているため発がん性の心配がなくなります。

【ミックストコフェロールとは?】

酸化防止剤として、油脂などの酸化を防ぎ保存性をよくするために配合される植物性油脂から得られる成分。

酸化防止剤そのものが、あまり良いものとはいえませんが、発がん性物質が認められる合成酸化防止剤よりは、天然酸化防止剤のミックストコフェロールの方が安全です。

合成酸化防止剤よりは長期保存に向かないため、開封後はできるだけ早めに食べきることをおすすめします。

徹底分析 サイエンスダイエット キトン 12ヶ月 チキン 子猫用ドライキャットフードの気になる部分!

主原料がトリ肉という点では合格なのですが、他を見てみるとトウモロコシ、米…といった穀物類が配合されていますね。

やはり、ネコちゃんは肉や魚以外のタンパク源を多くとると、アレルギー反応を起こしやすいといわれています。
これが適量なら問題ないのですが、必ずしもアレルギーがでないとはいいきれない…という不安が残ります。

そして動物性油脂。

この成分は、できれば子猫用には使ってほしくなかったかな…

というのも動物性油脂というのはそもそも食いつきを良くするために使われているもの。

その脂分は、どういった肉の脂なのか?例えば、死んでしまった動物の肉の脂だったり、腐った肉の脂だったり…

と、動物性で表してしまうため謎となってしまうのです。

しかもこの油脂の特徴は酸化・劣化が早いこと。

これを防ぐためにも、有害な合成酸化防止剤を使用していることが多くあるといわれています。

もしかしたら、ニオイのキツさはこれも原因のひとつかもしれませんね。

その他みてみると、ビートパルプとありますね。

このビートパルプとは…砂糖大根から砂糖を取った搾りカス

絞りとる工程で硫酸系の薬剤が使われていることから、体に良くないと言われています。
この影響で、便意を抑え便が長く腸内に留まるため、硬く小さい便になりやすい。
こういった成分で、栄養的にはゼロですし甘いものなので、膵臓、腎臓への負担が大きい

…というデメリットがあることから、

わざわざ使用しなくてもいいんじゃないかな…

サイエンスダイエット キトン 12ヶ月 チキン 子猫用を実際に利用した飼い主さんの口コミ、評判

正直、公式サイトの宣伝文句だけでは、フードの良い面しか掲載されていません!

ここでは実際に購入した飼い主さんのリアルな口コミ・評判をいくつかピックアップしておきます。

ぜひ購入前の参考にしてみてください!

かかりつけの動物病院のおすすめがサイエンスダイエット。他の安いフードやアイムスも試しましたが、一番便通が良いようです。(Amazonより)

よく食べるので嬉しいです。先住猫たちはw/dを食べていて、ヒルズは獣医師の方からもオススメされたので購入しました。粒も子猫には食べやすいぎゅっと身の詰まった形で食べやすそうです。(Amazonより)

現在推定5ヶ月ですが、喜んで食べています。小袋になっているので湿気る心配がありません。(Amazonより)

獣医さんもオススメ!サイエンスダイエットを与えていると、毛のつやが良くなり、健康的です。(Amazonより)

数種類あれこれ食べさせてみましたが、これが一番好きみたいです。暫くは続けたい餌です。(楽天市場より)

ペルシャ系で口も小さく、噛んでも小さくすることが出来なかったようで余り消化しきれおらず、恐らくですが、所謂切れ痔状態だったようで、、、可哀想なことをしてしまいました。こちらは、うちの子には全く合わなかったようです。(Amazonより)

商品自体の臭いがかなりきついです。部屋中が臭くなってしまいます。(Amazonより)

アビシニアン♀10ヶ月に与えました。今まではピュリナワンでしたがこちらのフードに替えてからはウンチの量が増え、そして臭いも強烈に臭くなりました。軟便になる事もしばしばあり、うちの子には合わないのだと思います(Amazonより)

今まで残したことのない子でしたが、こちらはとにかく日に日に食べてくれなくなりました。部屋においておくとにおいがきついようで、家族にも不評でした。残念。(Amazonより)

うちのにゃんこはなんでもよく食べる子なんですが、サイエンスダイエットはあまり好きじゃない。
口からまずそうにポロポロ落としていました。
しかもチキン→まぐろと1か月弱続けたところ、明らかに毛がぱっさぱさになってきました。動物を飼ってないとサイエンスダイエットというと良いフードなイメージだっただけに驚いてしまいました。別のフードに変えたところ、すぐに艶々に戻りましたのでやっぱりこのフードはうちのにゃんこには合ってないな、と思いました。(Amazonより)

食いつきは良かったです。粒が大きめですが、もう6カ月なのでおいしそうに、カリカリ食べてます。
ただ、フードを切り替えたらウンチがすごく臭くなりました。それから、ウンチがゆるくなって、トイレやトイレスコップにウンチがこべりつくように。これが良いことなのか悪いことなのか…。
これさえなければ、使い続けたいのですが…。(楽天市場より)

サイエンスダイエット キトン 12ヶ月 チキン 子猫用の気になる評判は?

ではサイエンスダイエット 子猫用での口コミや評判をふまえた上で、メリット・デメリットをまとめてみます。

サイエンスダイエット 子猫用のメリット

  • 添加物を使用してないプレミアムフード
  • 動物病院おすすめのフードなので安心感がある
  • プレミアムフードの中では価格が手頃

サイエンスダイエット 子猫用のデメリット

  • フードのニオイがきつい
  • 粒が少し大きめで食べづらい
  • 軟便になりやすく便臭も臭い
  • 穀物が配合されているのでアレルギー反応がでる可能性がある

サイエンスダイエット 子猫用 当サイトの総合評価は!?

商品名 項目別の評価

【サイエンスダイエット 子猫用】

安全性

原材料

クチコミ・評判

価格・コスパ

こんな方におすすめ
  1.  小さいうちから健康を考えていきたい!
  2. 病気になりづらい体に育てたい!
  3. 皮膚や便の調子が安定しない時に!
当サイトの総合評価
獣医師さんも推奨していることなどで幅広く人気があるフードといえます。
ただ、穀物が含まれているので、アレルギーの不安が…という心配症の方にはおすすめできません。その他については、添加物を使用せず栄養バランスを考えてあるフードだといえますので今回の評価を 『GOOD』とさせていただきます。

【まとめ】ヒルズ サイエンスダイエット キトン 12ヶ月 チキン 子猫用はおすすめのフードなのか?

以上、今回はサイエンスダイエット キトン 12ヶ月 チキン 子猫用について、気になる部分を中心にまとめてみました。

まとめてみると

  • 便秘気味
  • 毛艶があまりよくない

という子猫ちゃんにおすすめのフードといえそうです。

ただ、もともとお腹がゆるい子猫ちゃんにはあまりおすすめはできません。

キャットフード選びはネコちゃんの体格や嗜好性、健康状態によって変わります。

ピッタリのフードが見つかるまでは、フードの価格や販売元にこだわらず、とりあえず試してみる!という気持ちが大切ですね。

当ページを参考に、飼い猫ちゃんにピッタリのフードを見つけてくださいね!

キャットフード選び7つのPOINT

  1. 肉食のネコには高タンパク質、高脂肪、低炭水化物というバランスが理想的
  2. 必須のアミノ酸、ビタミン、ミネラルをたっぷり配合している
  3. 泌尿器系の疾患がきになるネコちゃんは専用の対策フード
  4. 腎臓機能の低下を予防するために良質なタンパク質を
  5. 猫はより新鮮な食べ物を好む性質なので、少ない容量のパッケージが理想。
  6. 水を積極的に摂れる工夫がなされている
  7. 酸化防止剤の中でもBHA、BHT、エトキシキン等の添加物が入っているのは避ける

片っ端から調べて、すべてをクリアしているキャットフードだけを、以下のページで紹介してるよ!
ネコの餌 徹底比較ページ

ネコちゃんお腹の調子を維持するためにも、フードの切り替えには1週間程度かけて、ゆっくりと切り替えてあげましょう。現在のフードを毎日少しずつ減らし、新しいフードの量を少しずつ増やすようにしましょう。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする