【ロイヤルカナン FHN 成長後期の子猫用 キトンの口コミ・評判】市販のキャットフードを辛口評価!

子猫ちゃんのうちからやっぱり、安心できるフードではじめるのがいいんだろううな…

なんてネットでいろいろ検索していましたね。

こちらのページにきたってことは、

  • ロイヤルカナンって療養食で聞いたことあるけどどうなんかな?

といった感じで『ロイヤルカナン』の口コミや評判が気になったんではないですか?

そんなロイヤルカナンが気になる飼い主さんにむけ、当ページではロイヤルカナンFHN 成長後期の子猫用 キトンの原材料や気になる添加物を徹底調査!!

ついでに実際に利用してみた飼い主さんの生の口コミ・評判も集め、ユーザー目線で辛口評価しています。

先に結論からいっちゃいますと

  • 病院でもすすめられることがある安心できるフード
  • 子猫の未熟な体を考えてサポートしていくフード

ということで子猫にはとてもオススメ!といいたいところなのですが

  • 合成保存料の使用

という点では自信をもっておすすめとはいえません。

そちらも詳しく解説し、後半では総合的に評価してます。

それでは一緒にみていきましょう!

キャットフード選び7つのPOINT

  1. 肉食のネコには高タンパク質、高脂肪、低炭水化物というバランスが理想的
  2. 必須のアミノ酸、ビタミン、ミネラルをたっぷり配合している
  3. 泌尿器系の疾患がきになるネコちゃんは専用の対策フード
  4. 腎臓機能の低下を予防するために良質なタンパク質を
  5. 猫はより新鮮な食べ物を好む性質なので、少ない容量のパッケージが理想。
  6. 水を積極的に摂れる工夫がなされている
  7. 酸化防止剤の中でもBHA、BHT、エトキシキン等の添加物が入っているのは避ける

片っ端から調べて、すべてをクリアしているキャットフードだけを、以下のページで紹介してるよ!
ネコの餌 徹底比較ページ

【ロイヤルカナン FHN 成長後期の子猫用 キトン】とはどんなフード?

療養食として動物病院に置いてあることで有名なロイヤルカナン。

これって、安心安全の質の高いフードだからこそ!

そんなこだわりのあるロイヤルカナンの3つの特徴を紹介しましょう!

子猫の消化をサポート

子猫ちゃんの消化器官はまだ未熟。そこで考えられたのが消化性の高いたんぱく質(L.I.P.)と食物繊維を配合することで消化に負担をかけないフードとなっている。

超高消化性タンパク(L.I.P.)とは?
猫の体内で90%以上消化される非常に吸収力に優れた、タンパク質のことです。
L.I.Pとは、Low Indigestible Protein の略です(消化しにくいタンパク質が少ないという意味になります。)
ペットフードの原材料においても、肉類、大豆、小麦などの原材料から、タンパク質を取り出す加工をすると、消化率は90%以上まで向上する。この超高消化性タンパク(L.I.P.)は、特に消化性を考えてあげたい時にフードに配合される
例えば、大豆そのものを食べるよりも、大豆を加工して使った豆腐を食べる方のが消化、吸収されやすい

このようにまだ、体の機能が整っていない子猫ちゃんには助かる材料。

抵抗力の維持

この時期は体の成長にとっても重要。この大切な時に、抗酸化成分をとることで抵抗力を強め、維持していく。

発育に必要な栄養素を配合

成猫に成長するのに骨と筋肉が発達していきます。
そこで丈夫な骨格をつくりあげるために、必要な栄養バランスを配合。
そのため健康な成猫にへと成長させていく。

ロイヤルカナン FHN 成長後期の子猫用 キトンの原材料と特徴

それでは気になるロイヤルカナン 子猫用の原材料と特徴を見ていきましょう。

原材料
肉類(鶏、七面鳥)、米、植物性分離タンパク*、動物性脂肪、とうもろこし、コーングルテン、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、植物性繊維、ビートパルプ、酵母および酵母エキス、魚油、大豆油、サイリウム、フラクトオリゴ糖、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、アミノ酸類(L-リジン、タウリン、DL-メチオニン、L-カルニチン)、ゼオライト、ミネラル類(Cl、K、P、Ca、Na、Zn、Mg、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、B1、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)
主成分
たんぱく質34.0 %以上  脂質16.0 %以上  粗繊維3.3 %以下  灰分8.6 %以下  水分6.5 %以下  食物繊維7.0 %
その他の特長
ビタミン(1kg中)
A  22,500IU
D3 800IU
E  600 mgカロリー含有量
(代謝エネルギー)
409 kcal/100g

とこんな感じの配合になっています。

子猫ちゃんにとってたんぱく質はどんなに重要なのか?というと

  • 成長期の骨や筋肉の成長
  • 皮膚や被毛の健康維持

に必要。

なので主原料に鶏、七面鳥の肉類がきてますよね。

主原料にくるものは、材料の中で一番多く使用しているってことなので、タンパク質がとれることがわかりますね。

しかもミールやパウダーになっておらず、そのものをつかっているので安心。

そして消化を助けるサイリウムとフラクトオリゴ糖を組合せて、腸内細菌バランスを整えていること。

サイリウムとは?
イランやインド原産のオオバコ種子や種皮に含まれるもの。
その働きは保水力が高く、水分を吸収するとゼリー状になって膨らみ、粘性を持つ。そのため
便秘
下痢を緩和
満腹感の持続
適切なタンパク質の消化を助ける
糖の吸収を緩やかにする
毛玉ケア

というようにさまざまな効果がある優れもの。

さらにみてみると

ハーブであるマリーゴールドが配合されてますね。

マリーゴールドの効果としては
抗菌・抗炎作用に優れ、免疫力・白血球の生成を高める。

これは子猫ちゃんにとって必要なフードといえるかもしれないですね。

徹底分析 ロイヤルカナン FHN 成長後期の子猫用 キトン ドライキャットフードの気になる部分!

う~ん、残念ながら酸化防止剤に使われているのが合成保存料。

使われているのはこの2種類。

ブチルヒドロキシアニソール(BHA)
没食子酸プロピル

いずれも発ガン性が確認されているという…。
しかも没食子酸プロピルの方は、とり続けると肝臓の損傷を引き起こす可能性があると言われているんです。

海外では量の制限を設けて試料などであれば認可されています。
でもそれって、非常に強い成分だからこそ、量の制限があるってことなんです。

たとえ微量にせよ、やはり積もり積もれば…という可能性がでるかも?

しかも小さな子猫ちゃんならなおさら心配。

あと気になる点といえば、動物性脂肪(動物性油脂)ですね。

この脂分が使われるのは、食いつきを良くするため。

とはいえ、動物性脂肪(動物性油脂)とあれば、どういう肉の脂なのかがわかりませんよね。
もしかしたら、死んでしまった動物の肉の脂だったり、腐った肉の脂だったり…

とはっきりしたことがわからないこと。

そして動物性脂肪(動物性油脂)の一番の不安は酸化・劣化が早い。

それを防ぐために有害な合成酸化防止剤を使用していることが多くあるという。

しかも、原材料に使われた酸化防止剤は、キャットフードの原材料欄への表記の義務がない。

となれば不安だらけ。

ここはメーカーさんを信用するしかなですかね…。

ということで次は口コミをみてみましょう。

ロイヤルカナン FHN 成長後期の子猫用 キトンを実際に利用した飼い主さんの口コミ、評判

正直、公式サイトの宣伝文句だけでは、フードの良い面しか掲載されていません!

ここでは実際に購入した飼い主さんのリアルな口コミ・評判をいくつかピックアップしておきます。

ぜひ購入前の参考にしてみてください!

よく食べました。
離乳直後にぬるま湯でふやかしたものと、そのままのもの、ロイヤルカナンのウエットと3パターン用意しましたが、何故かそのままのカリカリを一番良く食べていました。完全離乳も早く、元気に育っています。(Amazonより)

他のフードよりも香りがよく感じました。また、粒も小さく硬すぎず、食べやすそうです。(Amazonより)

小粒で食べやすいのか、普通に食べてくれます。食べないときはトッピングします。匂いも良い、人間にとっても美味しそうに感じる。湿気管理から、小分けで購入。(Amazonより)

仔猫の健康状態がとても良くなりました。
続けてみようと思います。(Amazonより)

子猫の食いつきが良いです。こちらを食べていると毛艶も良く、うんちなどの臭いも少ないように思います。(楽天市場より)

お店でロイヤルカナンを勧められてからずっとごはんはコレです。食いつきも良いですし毛並みもつやつや(楽天市場より)

ロイカナのフードは原材料の事を考えると色々思う所はあるのですが、子猫の内に1度は食べさせてます。
将来療法食を食べることになったらロイカナとヒルズが嫌いな猫は困るし、小さい内に色々なフードを食べていた猫の方が好き嫌いが少ない(本当かは謎)と聞くので。
喰い付きはまぁまぁ、かな。(楽天市場より)

動物病院でも扱っている商品ですので安心して与えていましたが、食いつきはイマイチでした。なので途中からは違うメーカーのフードに変えてしまいました。小分けでないので保存する上でも不便です。(Amazonより)

ロイヤルカナンは、アジア向けのペットフードを韓国にて製造することになるそうです。人が食べる食品でもキムチからノロウイルス、ラーメンから発ガン性物質など問題が多い国で生産となると、大事なペットに与えることは気が進みません。
以後、ロイヤルカナンを買うことないと思います。(Amazonより)

5ヶ月の仔猫用に購入。大人の猫2匹がこのメーカーの療法食(PH0)を使用しており、それをやたらと食べようとするので。
ですが、残念ながらウチの子の好みではなかったようで…(Amazonより)

ちょっと便秘気味になった気もします(Amazonより)

こちらをメインにした途端、2匹共あごニキビがたくさん出来てしまいました。
それだけ、油分などが多いって事ですよね…
幸い、他にも同じ位食いつきの良いものが見つかったので、こちらはやめました(楽天市場より)

体に良さそうなので購入しましたが匂いが合わないようでこのままじゃ食べてくれません(楽天市場より)

若干ベタつきがあり油っこい印象。
酸化防止剤に使われているBHAも気になるので、これだけを与えることはしないつもりです。(楽天市場より)

ロイヤルカナン FHN 成長後期の子猫用 キトンの気になる評判は?

ではロイヤルカナン FHN 成長後期の子猫用 キトンでの口コミや評判をふまえた上で、メリット・デメリットをまとめてみます。

ロイヤルカナン 子猫用 のメリット

  • 未発達な消化をサポートした配合
  • 動物病院などに置いてあるので安心感がある
  • 猫の種類によってフードの配合を変えてある

ロイヤルカナン 子猫用 のデメリット

  • 酸化防止剤を使用してるので発がん性の危険がある
  • 油分が多め
  • 外国産という不安

ロイヤルカナン FHN 成長後期の子猫用  当サイトの総合評価は!?

商品名 項目別の評価

ロイヤルカナンFHN子猫用

安全性

原材料

クチコミ・評判

価格・コスパ

こんな方におすすめ
  1.  猫の種類によってフードの配合がちがうので迷いがなくあげやすい。
  2. 子猫が健康に成長してもらいたい
当サイトの総合評価
 動物病院などに置いてあるということで、信用度が高いフードで知られているロイヤルカナン。
未発達な子猫のことを考え、消化率の良いものに配合されているところがおすすめです。ただ、合成保存料がつかわれているので発がん性の不安があります。また動物性油脂の表示がハッキリしていないフードは…なんてこだわり派の飼い主さんにもお勧めできませんので、少々厳しく評価して『まあまあ』とさせていただきます。

ロイヤルカナン FHN 成長後期の子猫用 キトンはおすすめのフードなのか?

以上、今回はロイヤルカナン FHN 成長後期の子猫用 キトンについて、気になる部分を中心にまとめてみました。

まとめてみると

  • すぐお腹をこわす
  • ウンチのニオイが気になる
  • 食いつきが悪い

という子ネコちゃんにおすすめのフードといえそうです。

ただ、病院に置いてあるメーカーのフードだから大丈夫!という思い込みはやめたほうがいいでしょう。

それでもロイヤルカナンのフードを試してみよう!

と思った方は、メインにせず、他のフードを取り入れてみるといいかもしれないですね。

キャットフード選びは子ネコちゃんの体格や嗜好性、健康状態によって変わります。

ピッタリのフードが見つかるまでは、フードの価格や販売元にこだわらず、とりあえず試してみる!という気持ちが大切ですね。

当ページを参考に、飼い猫ちゃんにピッタリのフードを見つけてくださいね!

キャットフード選び7つのPOINT

  1. 肉食のネコには高タンパク質、高脂肪、低炭水化物というバランスが理想的
  2. 必須のアミノ酸、ビタミン、ミネラルをたっぷり配合している
  3. 泌尿器系の疾患がきになるネコちゃんは専用の対策フード
  4. 腎臓機能の低下を予防するために良質なタンパク質を
  5. 猫はより新鮮な食べ物を好む性質なので、少ない容量のパッケージが理想。
  6. 水を積極的に摂れる工夫がなされている
  7. 酸化防止剤の中でもBHA、BHT、エトキシキン等の添加物が入っているのは避ける

片っ端から調べて、すべてをクリアしているキャットフードだけを、以下のページで紹介してるよ!
ネコの餌 徹底比較ページ

ネコちゃんお腹の調子を維持するためにも、フードの切り替えには1週間程度かけて、ゆっくりと切り替えてあげましょう。現在のフードを毎日少しずつ減らし、新しいフードの量を少しずつ増やすようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする