【サイエンスダイエット老猫用の口コミ・評判】市販のキャットフードを辛口評価!

うちのネコちゃん、この頃なんだか急激に老いてきたような気が…

そろそろフードを変えてあげたいんだけど…何かいいのないかな?…なんて思っていませんでしたか?

そんな思いの飼い主さん!

このサイエンスダイエットなら、そんな愛猫ちゃんにピッタリかもしれませんよ!

当ページでは『サイエンスダイエット シニアプラス チキン 高齢猫用ドライキャットフード』の原材料や気になる添加物を分かりやすく解説しています。

また購入前に知っておきたい、実際に利用している飼い主さんの生の口コミ・評判を集め、ユーザー目線で辛口評価しました。

さっそくみていきましょう!

スポンサーリンク




キャットフード選び7つのPOINT

  1. 肉食のネコには高タンパク質、高脂肪、低炭水化物というバランスが理想的
  2. 必須のアミノ酸、ビタミン、ミネラルをたっぷり配合している
  3. 泌尿器系の疾患がきになるネコちゃんは専用の対策フード
  4. 腎臓機能の低下を予防するために良質なタンパク質を
  5. 猫はより新鮮な食べ物を好む性質なので、少ない容量のパッケージが理想。
  6. 水を積極的に摂れる工夫がなされている
  7. 酸化防止剤の中でもBHA、BHT、エトキシキン等の添加物が入っているのは避ける

片っ端から調べて、すべてをクリアしているキャットフードだけを、以下のページで紹介してるよ!
ネコの餌 徹底比較ページ

【サイエンスダイエット シニアプラスチキン高 齢猫用】とはどんなフード?

ねこ

歳をとると、あっちが痛い…と思ったら、今度はこっちが痛い…なんていろんなところがガタガタに。

そうなると人間も同じですが、動きたくない!食欲がない!となりますよね?

結果、消費カロリーが減ってしまい食事量が落ちれば、ますます悪循環に陥ってしまいます。

そんな悪循環になる前に、内側から健康に保つ!

こんな目的で作られた対策フードがサイエンスダイエット高齢猫用なんです。

ちなみに!

アメリカの獣医師が自分のペットのために選んでいるそうです。

それではどれだけのフードなのか?さっそく見ていきましょう。

タウリン配合で健康維持をサポート

高齢猫の健康に欠かせない成分であるタウリンを十分に含み、心臓と目の健康維持をサポート

腎臓の健康を維持

ネコちゃんがかかりやすい病気に腎臓病があげられますよね。年齢とともに腎臓に負担がかかり腎臓病が起こりやすくなると言われています。その負担を軽くするために、塩分・リンの量を調整しています。

下部尿路疾患の予防

マグネシウムの量(標準値0.08%)、ミネラルバランスを調整し、適切な栄養バランスで尿pHを管理することで、ストルバイト尿石、シュウ酸カルシウム尿石に配慮。

【ストルバイト尿石、シュウ酸カルシウム尿石とは?】
腎臓から尿管、膀胱、尿道の中に結晶や結石ができる病気で、膀胱や尿道を傷つけたり、尿道に詰まったりします。猫下部尿路疾患(FLUTD)の代表的な病気の一つ。結石は砂粒くらいの小さなものから、数cmの固まりまでさまざまです。猫に多い代表的な結石の種類は、
オシッコがアルカリ性に傾くことでできる「ストルバイト」・・・1歳~6歳までのネコちゃんがかかりやすい。
オシッコが酸性に傾くとできる「シュウ酸カルシウム」・・・7歳~11歳のネコちゃんがかかりやすい。
の2つです。

この病気はネコちゃんがかかりやすいといわれているので、フードで抑えてくれるんだったら食べさせてみる価値あり!

高齢期の脳の健康維持

エイジングケア、脳の加齢に配慮:スーパー抗酸化システム*で高齢期の脳の健康を維持し、敏捷性、注意力を保ちます。

*抗酸化成分(ビタミンE&C、ベータカロテン)を配合したヒルズ独自のシステム

この抗酸化成分が高齢猫の健康を維持し、本来の免疫力を保ちます。

このように、ネコちゃんが高齢になるにしたがって衰えていくところを強化しているフードになっていますね。

サイエンスダイエット シニアプラス チキン の原材料と特徴

ねこ

それでは気になるサイエンスダイエット シニアプラス チキンの原材料と主成分をざざーっと見ていきましょう。

原材料
トリ肉(チキン、ターキー)、小麦、トウモロコシ、コーングルテン、動物性油脂、米、チキンエキス、魚油、亜麻仁、植物性油脂、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、ヨウ素)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン、リジン)、カルニチン、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)
主成分
たんぱく質 29.5%以上/脂質 15.5%以上 /粗繊維 2.5%以下 灰分 6.5%以下 /水分 8.0%以下 カルシウム 0.50%以上/リン 0.40%以上/ ナトリウム 0.45%以下 /タウリン 0.15%以上/ビタミンE 900IU/kg以上 /ビタミンC 135mg/kg以上
その他の特長
代謝エネルギー 394kcal/100g
製品サイズ 800g・1.8kg・2.8kg 総合栄養食
原産国 チェコ
AAFCOの基準をクリア

と、こんな感じの配合になっています。

まず主原料がトリ肉(チキン、ターキー)なので動物性タンパク質がとれる上に低カロリー

これは若い子ネコちゃんとちがい、老猫にとって嬉しい部分ですね。

いくら栄養がたっぷりでも高カロリー過ぎると、運動量が少ない老猫ちゃんにとって他の病気のリスクも高まります。

次に酸化防止剤。

ミックストコフェロール、ローズマリー、緑茶と天然成分の酸化防止剤を使っているので、発がん性についても安心!

【ミックストコフェロールとは?】

酸化防止剤として、油脂などの酸化を防ぎ保存性をよくするために配合される植物性油脂から得られる成分。

酸化防止剤そのものが、あまり良いものとはいえませんが、発がん性物質が認められる合成酸化防止剤よりは、天然酸化防止剤のミックストコフェロールの方が安全です。

合成酸化防止剤よりは長期保存に向かないため、開封後はできるだけ早めに食べきることをおすすめします。

お次は亜麻仁ですが、栄養が豊富ということで注目されています。

【亜麻仁とは?】

亜麻仁は、体内で作ることができないオメガ3脂肪酸であるαリノレン酸が豊富。
しかもゴマの160倍以上のαリノレン酸が含まれている。
健康な皮膚や艶のある毛並みを維持するには、鶏脂などに由来するオメガ6とのバランスが良いとされている。
理想のバランスだとオメガ6:オメガ3=10:1が一番いいらしい。
さらに亜麻仁は食物繊維がゴマの2倍。
もう一つ「リグナン」という成分。
リグナンはポリフェノールの一種で、抗酸化力や炎症反応を軽減する働きがある。

ということで亜麻仁は健康維持にはかかせない存在なんですね。

他のフードでもビタミンは配合されていますが、このサイエンスダイエットのビタミン配合は、効果を発揮する量を入れているんです。

この一定量によって、ビタミンE&Cが最も有効に働き、免疫力が保たれることになります。

免疫力が落ちていく老猫ちゃんにとってはとても助かりますね。

徹底分析 サイエンスダイエット シニアプラス チキンドライキャットフードの気になる部分!

ねこ

主原料がトリ肉という点では合格ですが、小麦、とうもろこし、コーングルテン、米が配合されていますね。

やはり、ネコちゃんは肉や魚以外のタンパク源を多くとると、アレルギー反応を起こしやすいといわれています。
これが適量なら問題ないのですが、必ずしもアレルギーがでないとはいいきれないかな…

そして動物性油脂ですね。
この動物性油脂は非常に酸化しやすく、この原材料自体に有害な合成酸化防止剤を使用していることが多くあります。

しかも、原材料に使われた酸化防止剤は、キャットフードの原材料欄への表記の義務がありません。これはちょっと不安になるなぁ…。

その他に関しては、エキスが使われていますね。
これもエキスとして加工されているため、どんなものが配合されているのか?表記がないので信用性にかけるかも…

サイエンスダイエット シニアプラス チキンを実際に利用した飼い主さんの口コミ、評判

ねこ

正直、公式サイトの宣伝文句だけでは、フードの良い面しか掲載されていません!

ここでは実際に購入した飼い主さんのリアルな口コミ・評判をいくつかピックアップしておきます。

ぜひ購入前の参考にしてみてください!

老猫ですが、SDにしてから目から汁が出なくなりました。毛並みもよくなり、今17歳ですがげんきです!(Amazonより)

うちの子は16歳で腎臓と膵炎を患っていますが、ニオイも香ばしく変な臭みも無く、人が食べてもおいしくてスナックとしていけそうです。腎臓も膵炎の数値も悪くならず、むしろ良くなってきています(Amazonより)

食いつきがいいです。12歳になりこの品に変えました。サイエンスダイエット品からの浮気はせず年齢に合わせたシリーズを与えていますが、餌でのトラブルは一切ありません。今後も与え続けます。(Amazonより)

小分けになってるので香りも飛ばずに良いと思います。サイエンスのカリカリはよく食べてくれます。(楽天市場より)

うちの猫は13歳ですが、とても気に入っているようですし体調もよさそうです。助かります。(楽天市場より)

5月に11歳になるアメショー(牡)ですが市販のエサから健康の事も考えて、サイエンスダイエットに変えました。愛猫の食いつきも良いようです。(楽天市場より)

12歳の猫が2匹いますが、どちらもにおいをかいだだけで一口も食べてくれない。
皿に出してはそのまま廃棄という状態が1週間続きましたがもう諦めました。(Amazonより)

最初はとても食いつきが良かったのですが、食べ続けていると吐いてしまいます。餌を変えたことで、嘔吐の回数が増えたので思案中です。猫ってデリケートですね。(Amazonより)

サイエンスダイエットは、本当に良く食べてくれます
ただ、やっぱり 排泄物の臭いがきつくなるのが・・・(Amazonより)

粒が、吐きやすいおおきさのようです。高齢の猫にはもう少し小さい方がいいと思います。(Amazonより)

以前、サンプルは食べてくれたのですが今は食べてくれませんでした。ほかに7歳以上用も購入したのですが、同じ感じだったので、このメーカーの味があまり好きではないようです。(楽天市場より)

サイエンスダイエット 高齢猫用のメリット・デメリットは?

cat

ではサイエンスダイエット シニアプラス チキンでの口コミや評判をふまえた上で、メリット・デメリットをまとめてみます。

サイエンスダイエット シニアプラス チキンのメリット

  • 添加物を使用してない安心フード
  • 腎臓に負担をかけないよう配合されている
  • エイジングケアに優れている
  • 免疫力の強化によって病気を防ぐ

サイエンスダイエット シニアプラス チキンのデメリット

  • 穀物が配合されているのでアレルギー反応がでる可能性がある
  • 粒が少し大きい
  • 便のニオイが少しキツイ

サイエンスダイエット シニアプラス チキン  当サイトの総合評価は!?

商品名 項目別の評価

サイエンスダイエット

安全性

原材料

クチコミ・評判

価格・コスパ

こんな方におすすめ
  1. いつまでも健康に長生きしてもらいたい!
  2. 病気になりづらい体に!
当サイトの総合評価
 老猫ちゃんの体に合わせた健康フードといえるでしょう。試してみたネコちゃんには成果があるように感じられます。
ただ、穀物が含まれているので、アレルギーがあるネコちゃんにはおすすめできません。その他に関しては、添加物を使用せず栄養バランスに優れているフードといえますので今回の評価を 『GOOD』とさせていただきます。

【まとめ】日本ヒルズ・コルゲート サイエンスダイエット シニアプラス チキン 高齢猫用はおすすめのフードなのか?

ねこ

以上、今回は日本ヒルズ・コルゲート サイエンスダイエット シニアプラス チキン 高齢猫用について、気になる部分を中心にまとめてみました。

まとめてみると

  1. 食が細く、栄養がとれてない
  2. 病気がち
  3. 元気がない

というネコちゃんにおすすめのフードといえそうです。

ただ、味にこだわりがあるネコちゃんの場合、

上手いことサイエンスダイエットの味を受け入れてもらえるか…?

ここがちょっぴり引っかかりますね。

キャットフード選びはネコちゃんの体格や嗜好性、健康状態によって変わります。

ピッタリのフードが見つかるまでは、フードの価格や販売元にこだわらず、とりあえず試してみる!という気持ちが大切ですね。

当ページを参考に、飼い猫ちゃんにピッタリのフードを見つけてくださいね!

キャットフード選び7つのPOINT

  1. 肉食のネコには高タンパク質、高脂肪、低炭水化物というバランスが理想的
  2. 必須のアミノ酸、ビタミン、ミネラルをたっぷり配合している
  3. 泌尿器系の疾患がきになるネコちゃんは専用の対策フード
  4. 腎臓機能の低下を予防するために良質なタンパク質を
  5. 猫はより新鮮な食べ物を好む性質なので、少ない容量のパッケージが理想。
  6. 水を積極的に摂れる工夫がなされている
  7. 酸化防止剤の中でもBHA、BHT、エトキシキン等の添加物が入っているのは避ける

片っ端から調べて、すべてをクリアしているキャットフードだけを、以下のページで紹介してるよ!
ネコの餌 徹底比較ページ

ネコちゃんお腹の調子を維持するためにも、フードの切り替えには1週間程度かけて、ゆっくりと切り替えてあげましょう。現在のフードを毎日少しずつ減らし、新しいフードの量を少しずつ増やすようにしましょう。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする