【パシフィカキャット 口コミ・評判】市販のキャットフードを辛口評価!

当ページをご覧になっているということは、もしかすると

  • パシフィカキャットをはじめ、アカナのプレミアムキャットフードって、じっさい猫ちゃんに良いんかなー?

こんな風にアカナのプレミアムキャットフードが気になって、ネットで調べていませんでしたか?

そこで当ページをでは、グラスランド、パシフィカ、ワイルドプレイリーの3タイプある中からアカナ パシフィカキャットの口コミ、評判を集めてみました。

当ページを読んでもらえれば、

アカナのプレミアムキャットフードが本当にネコちゃんにとって良いものなのか?

このへんがハッキリすると思います。

ちなみに結論をひとことでまとめると

ここまで徹底しているところは数少ない!

こんなフードがアカナ パシフィカキャットです。マジでコダワリぬいてますね。

最後の方ではアカナ パシフィカキャットをトータルで評価もしています。購入前の参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク




キャットフード選び7つのPOINT

  1. 肉食のネコには高タンパク質、高脂肪、低炭水化物というバランスが理想的
  2. 必須のアミノ酸、ビタミン、ミネラルをたっぷり配合している
  3. 泌尿器系の疾患がきになるネコちゃんは専用の対策フード
  4. 腎臓機能の低下を予防するために良質なタンパク質を
  5. 猫はより新鮮な食べ物を好む性質なので、少ない容量のパッケージが理想。
  6. 水を積極的に摂れる工夫がなされている
  7. 酸化防止剤の中でもBHA、BHT、エトキシキン等の添加物が入っているのは避ける

片っ端から調べて、すべてをクリアしているキャットフードだけを、以下のページで紹介してるよ!
ネコの餌 徹底比較ページ

【アカナ パシフィカキャット(全猫種用)】とはどんなフード?

cat
購入を迷っている方の中には

たしかに評判はいいけど、『キャットフードにしては値段がちょっとねぇ…』という人もいるでしょう。

ですが

  • 穀物ゼロ
  • 新鮮肉、魚類使用
  • 新鮮フルーツ&野菜使用
  • ナチュラル
  • ホリスティック
  • 人間用食材を使用
  • 抗生物質&ホルモンゼロ

ここまで徹底して製造しているんです。

ここまでこだわって作り上げていくには、正直かなりのコストもかかるでしょう。

たしかに安価のフードにくらべてずっと高額ですが、愛猫ちゃんの健康を常に心配するなら、こういったプレミアムフードを取り入れてみるのもひとつの手ではないでしょうか?

それではアカナのコダワリを詳しく説明していきますね!

穀類不使用&低炭水化物

ネコちゃんは本来肉食動物。最も自然な食事にちかづけるためには炭水化物はほとんど必要ありません。

とくに穀類の米、とうもろこしなどに含まれる炭水化物は素早く分解して血糖を急上昇させるため肥満や糖尿病の原因になるので、できれば与えたくない!

それを防ぐためにイネ科の穀類を一切使用せず、炭水化物の量を最低限まで抑えているんです。

新鮮な地元産原材料

一般的なペットフードメーカーの新鮮っていうのは「ペット用」の肉を指しています。

輸送と貯蔵を簡単にするために25kgの塊に冷凍され、冷凍・解凍を何度も繰り返している冷凍肉です。

このような肉原材料はペットフードに加工されるまでに数ヶ月経っている場合が殆どなんですよ。

それに比べ「アカナ」の場合

  • 無冷凍 ―保存方法は冷蔵のみ
  • 保存料ゼロ―いかなる化学物質も不使用
  • 真に新鮮 ―アカナの新鮮原材料は収穫後1日から2日で自社キッチンに到着

これが新鮮っていうことなんです。
しかも地元産ってところも安心感がありますよね。

水を足さない

一般的なペットフードメーカーのほとんどが、乾燥・粉末化された新鮮とはいえない材料を使っています。

もちろん乾燥・粉末加工された材料は、製造過程で大量の水が加えられます。

つまり大量の水によって栄養分が薄まってしまい、フードになったときには少量の栄養しか残っていないということなんです!

勿体ない!!

一方、アカナではこういった加工を一切せず、低温スチーム調理を採用しています。

肉や魚類、フルーツ、野菜などに含まれている自然な栄養とおいしさをそのまままるごとキープ。しかも、製造の全行程を他に頼らず自社で管理しているのも安心ですね。

アカナ パシフィカキャットの原材料と特徴

cat

それでは気になるアカナ パシフィカキャットの原材料と主成分、特徴を見ていきましょう。

原材料
新鮮骨なしニシン(30%)、乾燥ニシン (15%)、乾燥タラ(12%)、新鮮骨なしカレイ(5%)、新鮮骨なしシロガネダラ(5%)、ヒヨコ豆、赤レンズ豆、キャノーラ油、グリンピース、緑レンズ豆、イエローピース、ニシン油(3%)、日干しアルファルファ、乾燥昆布、カボチャ、バターナッツスクワッシュ、ホウレン草、ニンジン、リンゴ、梨、クランベリー、チコリー根、タンポポ根、カモミール、ペパーミントリーフ、ジンジャールート、キャラウェイシード、ターメリック、ローズヒップ、フリーズドライニシン、フリーズドライヘイク、フリーズドライカレイ
主成分
たんぱく質(以上) 35%
脂肪(以上) 20%
繊維(以下) 3%
水分(以下) 10%
カルシウム(以上) 1.6%
リン(以上) 1.3%
オメガ6(以上) 2.3%
オメガ3(以上) 2%
マグネシウム 0.1%
その他の特長
代謝エネルギーは4060kcal/kgうち34%がたんぱく質、42%が脂肪、24%がフルーツ・野菜由来
原産国 カナダ

とこんな感じの配合になっています。

まず原材料の中でも分かりづらい…マイナーな食材を説明しておきますね。

  • バターナッツスクワッシュ・・・南アメリカ大陸が原産とされるかぼちゃ
  • フリーズドライヘイク・・・ヘイクとは深海魚でスケトウダラに似た白身魚

ここではこの2点ですかね。

わかったところで主原料のニシンですが、ニシンは骨が多い魚なんです。なのでこの骨なしはとてもありがたいですね。

しかも魚の含有量が全体の60%を占め、猫に最も重要な動物性タンパク源をたっぷりと補っているのがわかります。

生産地によってニシンの成分が若干ちがいがあります。
大まかに国内のニシンとカナダ産ニシンではカナダ産のほうがたんぱく質が多く、脂質が少ないとなっています。
https://www.hro.or.jp/list/fisheries/marine/att/o7u1kr0000000p
hw.pdf引用

次にクランベリーですね。

猫ちゃんに多い尿路疾患ですが、尿を弱酸性に維持することが大切です。

クランベリーにはそのような、尿を弱酸性にする働きを持つキナ酸が多く含まれているので、尿路疾患予防の面では嬉しい成分!

また、赤ワインにも含まれるプロアントシアニンがクランベリーにも含まれていることで、細菌をやっつける効果があるため膀胱炎の予防にもいいそうです。

クランベリーの他には、たんぽぽ根、カモミール、ペパーミントリーフなどの植物が配合されています。

植物は心臓の強化や消化促進など、特定の臓器、腺、組織を強化する強壮剤・増進剤としての役割を果たすため、ネコちゃんの代謝を良くするため健康的な体をつくることができるんです。

さらに添加物を使用してない、人工的な酸化防止剤も使用してないとあれば、まさに理想的なフードではないでしょうか?

徹底分析 アカナ パシフィカキャットドライキャットフードの気になる部分!

cat

まず一番気になった部分!

グレインフリーとありますが、豆類が使用されているんですねぇ…。

グレインフリーの規定は生産国や地域によって変わるため、アメリカ基準では豆類を使用してもグレインフリーになるということですね。

豆類アレルギーの場合、こういったグレインフリーでも発症する可能性がないともいいきれません。ここには気をつけておきましょう。

そしてアカナ パシフィカキャットは全猫種・全年齢 対応となっていますが、運動不足気味のネコちゃん、老猫ちゃんのように動きが鈍いと高蛋白質フードの場合、消費されなかった蛋白質や脂質(高蛋白質フードは、脂質も高めです)が、肝臓や腎臓に負担をかけるかと…。

また腎臓が弱っている猫ちゃんにも体に負担がかかってしまうことがあるのであまりおすすめはできないですね。

こういったネコちゃんの場合は、腎臓の状態を少しでも良くするためにはたんぱく質やリンを調整した食事対策が必要。低蛋白低リンが基本となります。

アカナ パシフィカキャットを実際に利用した飼い主さんの口コミ、評判

cat

正直、公式サイトの宣伝文句だけでは、フードの良い面しか掲載されていません!

ここでは実際に購入した飼い主さんのリアルな口コミ・評判をいくつかピックアップしておきます。

ぜひ購入前の参考にしてみてください!

栄養面や原材料、また法律で食品安全の義務化をされている世界トップクラスのカナダ産だからこそ、安心して購入しています。これはキャットフードですが、同居のワンコもアカナです。体調、毛並み、おめめ、排便、良好です(Amazonより)

エサの匂いも気にならないです。
エサの容器を開ける音がすると、どこにいても飛んでくるほどお気に入りです。
乳歯から永久歯に生え変わるときは、エサが詰まって口臭がすると聞いてましたが、いっさい匂いませんでした。エサの質がいいからかな?と思っています。(Amazonより)

340グラムのお試しサイズに惹かれたんです。
もし万一、猫が食べなかったとしても、出費は少なくて済みますからね。アカナは穀物不使用で素材はどれも自然のものばかりです。
硫酸銅など不安になる成分が入っていないのも、信頼できますね。(Amazonより)

オリジンは拒否するけれど、アカナは食べる。毛艶がよくてピカピカしています(楽天市場より)

サカナの匂いが強いです。うちの猫たち8匹中、6匹は良く食べてくれます。匂いが強いごはんが苦手な子は、食べてくれないかもです。(Amazonより)

前回注文した際は、お試しのつもりで小袋の品でした。大変、気に入った様で 今回は大き目のサイズをお願いしましたが、今回は不評で、最後迄、食べ切って貰うのに苦労しました。
良いフードだと思うので、残念です。(Amazonより)

うちの子は魚より肉が好きなようでした。(Amazonより)

匂いが少々香ばしすぎるかなあということです。(Amazonより)

どうも少し、ニオイがきつく、重い(脂っこい)気がします。(楽天市場より)

日本の猫にはちょっと。残念なのが強めの匂い。海外フードには多いようですが、うちの猫たちには敬遠されるので、他のフードと混ぜないと食べが悪くなってしまう(楽天市場より)

アカナ パシフィカキャットの気になる評判は?

ねこ

ではアカナ パシフィカキャットでの口コミや評判をふまえた上で、メリット・デメリットをまとめてみます。

アカナ パシフィカキャットのメリット

  • グレインフリーなのでアレルギーの心配がいらない
  • 添加物を一切使用してないため、素材そのものをいかした安全フード
  • ハーブの力で消化作用を良くし、トイレのニオイを軽減
  • 健康的な皮膚や被毛に改善され、病気にかかりにくい体をつくる
  • クランベリー配合で尿路疾患予防

アカナ パシフィカキャットのデメリット

  • 海外フードに多い魚臭さがある
  • 輸入品だけに販売元での商品管理が不安
  • プレミアムフードだけありお値段が高め

アカナ パシフィカキャット当サイトの総合評価は!?

商品名 項目別の評価

アカナ パシフィカキャット

安全性     

原材料     

クチコミ・評判 

価格・コスパ  

こんな方におすすめ
  1. オールナチュラルフードで安心して育てていきたい!
  2. 穀物アレルギーはさけたい!
  3. 皮膚や便の調子が安定しない時に!
当サイトの総合評価
添加物を一切使用しておらず、イネ科の穀物を使ってないハイプレミアムフード。


ただグレインフリーとありますが、豆類を使用しているのでちょっと気になりますが、炭水化物の中ではまだいい方だと思います。

また全年齢 対応とありますが、高齢の猫ちゃんには腎臓への負担がかかりやすいため、あまりおすすめとはいえません。

その他に関しては、よくできたフードと言えると思いますので、今回の評価を 『GOOD』とさせていただきます。

【まとめ】アカナ パシフィカキャットはおすすめのフードなのか?

cat

以上、今回はアカナ パシフィカキャットについて、かなり突っ込んだところまで調査し、口コミや評判をまとめてみました。

どんなネコちゃんにもおすすめなフードではありますが、中でも

  • 穀物アレルギーをもっている
  • 食が細くやせている
  • お魚好き

こんなネコちゃんに食べさせてあげたい!

そんなフードがアカナ パシフィカキャットといえるでしょう。

ただ輸入品のため、商品の保存状態や取り扱いなどがちょっぴり気になります。

また海外フードということで、日本のネコちゃんのお口に合うかな?って部分も若干の不安はのこります。

キャットフード選びはネコちゃんの健康状態によっても変わるし、成長段階によっても好みは変わるもの。

ピッタリのフードが見つかるまでは、コマメにいろんなフードを幅広く試して体調の変化をチェックする!

そんな努力も必要ですね。

ぜひ当ページを参考に、飼い猫ちゃんにピッタリのフードを見つけてくださいね!

キャットフード選び7つのPOINT

  1. 肉食のネコには高タンパク質、高脂肪、低炭水化物というバランスが理想的
  2. 必須のアミノ酸、ビタミン、ミネラルをたっぷり配合している
  3. 泌尿器系の疾患がきになるネコちゃんは専用の対策フード
  4. 腎臓機能の低下を予防するために良質なタンパク質を
  5. 猫はより新鮮な食べ物を好む性質なので、少ない容量のパッケージが理想。
  6. 水を積極的に摂れる工夫がなされている
  7. 酸化防止剤の中でもBHA、BHT、エトキシキン等の添加物が入っているのは避ける

片っ端から調べて、すべてをクリアしているキャットフードだけを、以下のページで紹介してるよ!
ネコの餌 徹底比較ページ

ネコちゃんお腹の調子を維持するためにも、フードの切り替えには1週間程度かけて、ゆっくりと切り替えてあげましょう。現在のフードを毎日少しずつ減らし、新しいフードの量を少しずつ増やすようにしましょう。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする