【太り過ぎのネコ】デブ猫ちゃんが痩せるためのダイエット食・肥満対策まとめ

cat

普段から家の中でいつもゴロゴロ、そのくせ食欲は旺盛…そんなデブ猫ちゃん、またはデブ猫予備軍の猫ちゃんの飼い主さんにとって心配なのが生活習慣病。

当ページをみてくれているということは、もしかして

  • このまま太り続けたら確実に生活習慣病…何かダイエットを始めなきゃ…
  • 何か手軽に実践できる猫ちゃんのダイエット法が知りたい!

こんな感じで、メタボ気味の猫ちゃんのダイエット法をネットで探していませんでしたか?

そんなメタボ気味の猫ちゃんの飼い主さんにむけ、当ページでは無理なく手軽にスタートできるネコちゃんのダイエット法を徹底調査!!

ざっくりポイントからお伝えしますと、

自分でカロリーコントロールのできない猫ちゃんにとって、肥満や生活習慣病を予防できるかどうかはすべて飼い主さんしだい!

ほんと責任重大ですよー!!

詳しいダイエット法は以下で詳しく解説してます。当ページを参考に、ぜひ愛猫のメタボ対策を始めてみましょう!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

ネコにとっても肥満は病気の源・・・早い時期からダイエット始めよう!

ねこ

シャムやロシアンブルーのようなスレンダーな体型が魅力的なネコちゃんもいれば、ペルシャ、ヒマラヤンみたいなコロコロとしたシルエットがネコちゃんもいます。

どちらも可愛いけれど、ちょっとポッチャリしている方が愛嬌があって癒されますよね?

そんな愛らしい猫ちゃんですが、人間と同じでポッチャリを通り越して太り過ぎになると、健康上、良くないことだらけ。

将来的に病気や疾患のリスクが高まるので要注意なんです!

人間でもメタボが大きく取り上げられていますが、ネコちゃんの世界もまったく同じ。太り過ぎ=病気のリスクと考えておきましょう。

ネコちゃんの健康のためにもメタボ対策の一環としてダイエット食を検討してみましょう。

ウチの飼いネコは肥満気味? デブ猫度チェック

オリエンタルやフォーリン・タイプのネコちゃんにはネコ本来のスレンダーな美しさがありますが、癒し系といえば、やっぱりポッチャリ・タイプ!

ほんと、コロコロした愛嬌のあるネコの動きを見ているだけで、気持ちが癒される方も多いのではないでしょうか。

そんな気持ちからなのか、どうしても飼い猫ちゃんにたっぷりと食事を与えすぎてしまう飼い主さんが多いのも事実。

先ほどお伝えしましたが、ポッチャリを通り越してデブ猫になると、さまざまな病気のリスクが高まります。食生活の見直しが必要かもしれませんね。

そこで自分の飼い猫ちゃんを冷静に判断できない・・・という飼い主さんのために、簡単にできるデブ猫度チェックをご紹介!

デブ猫度チェック

もし以下の項目にいくつか当てはまっている場合は要注意ですよ!

しっかりとカロリーコントロールを行いネコちゃんを病気から守ってくださいね。

  1. 横から見るとお腹が垂れ下がっている、または上から見るとお腹のあたりが横に張り出している
  2. 尻尾の根元の付近の腰のあたりが盛り上がっていて弾力がある
  3. 最近明らかに動作が鈍い、若干、ヨタヨタした歩き方をしている
  4. 皮下脂肪のせいか、肋骨が外見上、発見できない

どうですか?

もし幾つか当てはまった場合、すでに立派なデブ猫、またはメタボ予備軍ということです。少なくともメタボの素質をもったネコちゃんということ。

さっそくネコちゃんに向けたダイエット方法をお試しください。

デブ猫を痩せさせるために最初に飼い主さんがやるべきこと

ねこ

上記のデブ猫度チェックの結果、もし愛猫が肥満気味、またはメタボ予備軍という場合、以下のダイエットをおすすめします。

まず最初にやっておきたいこと。

それはで愛猫ちゃんの目標体重を設定すること。

短期間で目標体重は難しいかもしれませんが、時間をかけてゆっくりと目標の体重に近づけるように努力してください。

人間のダイエットでも同じことがいえますが、具体的な数字を最初に決めて実行するかしないかって非常に大事なんですよ。

それも、あまり無謀な目標設定じゃなく、ある程度、努力すれば達成できる程度の目標体重がいいでしょう。

人間でも、ただ漠然とダイエットしても途中で挫折する人がほとんど・・・やっぱり目標があるから頑張れるのです。

もし目標体重の目安がみつからない場合、単純に1歳の時の体重だって構いませんよ。

過激なダイエットは逆効果

人間のダイエット法でも同じですが、期間で結果を出そうと行う過激なダイエットは長続きしません。

また体調崩したり中には、人間と一緒でリバンドしてしまうケースもあります。

なのでいきなり食事内容を総入れ替えせず、今までの食事ないように低カロリー食品を少しずつ取り入れ、徐々に体を慣らしていくことが肝心。

また食事量を急激に減らすことでネコちゃんにストレスも与えてしまいます。
なるべく低カロリー食品を増やし食事の全体量は減らさずに満腹感は維持させてください。

肥満ネコにオススメ!病気を予防するためのダイエット方法

cat

さて、ここからはデブ猫ちゃん・メタボ予備軍のネコちゃんにおすすめのダイエットを具体的にご紹介!

でもご安心ください。

代表的ないくつかをご紹介しますが、何が何でもすべて実践する必要なんてありません。

一気に行うことでネコちゃんに変なストレスを与えてしまい余計に動かなくなったり、やけ食いするケースもあります。

なので無理に行わず、じっくりと時間をかけてカラダを慣らすこと!継続は力なり。徐々に効果がでてきますよ。

人間にも同じことがいえますが、ダイエットの基本は

摂取カロリーの管理と消費カロリーの管理

結局は食べる量と運動量を見直すことに尽きます。

以下の4項目の中から、飼い猫ちゃんと相性のよい方法から順番に取り入れてみましょう!

  1. 食事の回数を増やす
  2. 飼い主さんの食事中はネコちゃんを隔離
  3. 運動量を増やし消費カロリーを増やす
  4. 散歩に連れ出す

1.食事の回数を増やす

通常、健康な成猫の場合1日に2回、朝夕の食事が基本。ですがダイエット期間中は1日3~4回の食事の回数に増やしてみましょう。

もちろん食事の量やカロリーの摂取量はコントロールします、回数は増えても1日のカロリー摂取量は徐々に減らすように工夫すること。

同じカロリー摂取量の場合、細かく数回に分けて与えたほうが脂肪形成が減りダイエットには効果があります。

2.飼い主さんの食事中はネコちゃんを隔離

ダイエット中のデブ猫ちゃんの場合、いつも以上に飼い主さんの食事に興味津々なはず。

食事や料理の匂いがすればどうしても食べ物を欲しがるはずです。これは仕方ありませんよね・・・。

結果おねだりされて飼い主さんが根負けしてしまう…といういつのものパターンに陥ったればダイエットも水の泡・・・ならばいっその事、食事中は別室という手も。

3.運動量を増やし消費カロリーを増やす

ここまでデブ猫ちゃんのダイエット方法を食事面から考えてみました。

ですが人間のダイエットと同じ、摂取カロリーのコントロールだけでなく消費カロリーをコントロールすることも重要。

そもそもネコの多くは運動を好みません。日中日当たりの良い場所でゴロゴロとしている性格のネコちゃんが大半なはず。

そこで飼い主さんが先頭に立ってでぶねこちゃんを運動に誘い出しましょう。

デブ猫ちゃんの運動を促すおもちゃを用意しよう!

ネコじゃらしのような釣竿タイプのおもちゃをはじめ、ペットショップにはネコちゃんを運動に誘い出すようなおもちゃがたくさん用意されています。

ネコちゃんはそのおもちゃを獲物と見立てて、追いかけたり噛み付いたりして狩猟本能を満たします。それがけっこうな運動量なので利用してください。

わざわざペットショップで購入せずとも、身近な材料、例えば紙を丸めた物、アルミホイル等でボールを作ったり、小さなスーパーボールなどでも充分にネコちゃんは運動してくれます。

ポイントは一緒になって飼い主さんが遊んであげること。いくら興味のあるおもちゃでも、動きのない持ち合っであるだとすぐに興味を失います。

もちろんダイエットが最終目的ですが遊ぶ時間を増やすことで飼いネコとのコミュニケーションも深まりより可愛くなるはずですよ。

4.散歩に連れ出す

もし近隣に愛猫ちゃんを連れ出すのに適した場所があれば、リードを用意して散歩させるのも1つの方法です。

ネコちゃんにあった引っ張っても苦しくないタイプのリードを用意し、じゅうぶんにリードに慣れさせてから外へ連れ出してください。

もちろん公園や目的とする場所に着くまでも注意が必要です。できるだけ車通りの少ない道路選んで散歩に行ってみてはどうでしょうか?

市販の低カロリーフードに変えたら食べなくなった!

キャットフードのなかには、ダイエットや肥満解消を目的とした低カロリーフードも数多くあります。

もちろんこれらを利用しダイエットを行うこともできますが、いきなりこれまでの食事から低カロリー食に切り替えた場合、ネコにとって大好きな脂肪の量が減っているため受け付けてくれないことも・・・。

食事そのものを受け付けない場合、ダイエット効果どころか健康状態にも支障が出て栄養不足で他の疾患なんてことも・・・。

低カロリーフードは一度に行わず、慣れ親しんだフードに混ぜたり、同時に与えたり工夫してみてください。慣れてきたら徐々に低カロリーフードの割合を増やしていけば、自然に切り替えることができますよ!

【まとめ】痩せてからも適正体重を維持するのが大切!

Cat

以上、明日から実践できるデブ猫ちゃん・メタボ予備軍のネコちゃんにおすすめのダイエット方法をまとめてみました。

ポイントはいくつもありますが、最重要ポイントは…

1~2ヶ月で結果を出そうとせず、半年~1年という単位でじっくりと進めること!

じっくりと時間をかけて体重をコントロールできるかが成功の秘訣なんです。

で、ダイエットが上手くいって目標達成!

という場合も油断は禁物。なぜなら元デブ猫ちゃんは太りやすい素質をもったネコちゃんに他なりません。

人間でもリバウンドってありますよね?

あれと一緒で肥満になりやすいネコはまた肥満に戻りやすいので、痩せてからもしっかりと食生活の管理が必要なのです。

結果がでても、一定の期間は油断せず食事・運動面でしっかりとネコちゃんをサポートしてあげましょう。

ネコちゃんにもダイエットのメリットを与えよう!

人間のダイエットの場合、痩せたことで「綺麗になった」「褒められた」なんてメリットもありますが、ネコちゃんの場合はそんな変化もありません。

そもそもネコちゃんからすれば

「なんで痩せる必要あるの?」

多分、こんな気持ちですよね?

なので、ダイエット=飼い主さんと一緒に遊ぶ時間が増える、という感じでメリットを与えてあげることも大切ですよ。

まずは行動するのが肝心!

ご紹介したダイエット方法なら今日からすぐに始められるはず。

当ページの情報が、愛猫ちゃんのダイエット成功のお役に立てれば幸いです!

ネコちゃんお腹の調子を維持するためにも、フードの切り替えには1週間程度かけて、ゆっくりと切り替えてあげましょう。現在のフードを毎日少しずつ減らし、新しいフードの量を少しずつ増やすようにしましょう。
スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする