猫が早朝にご飯の催促!猫に起こされない対策とは?

cat キャットフードの雑学

最近うちの猫ちゃん、朝、お腹が空くのかしら…?催促しにきて起こされるのよ…しかも朝4時に…

なんて、朝早くから耳元でニャーニャー泣かれて困っていませんか?

そこで今回は、

  • 猫に起こされない対策とは?
  • おすすめアイテム
  • まとめ

についてお話していきましょう!

とにかく猫ちゃんは、自分のペースで飼い主さんを起こすなんてお構いなし(それが早朝でも)!

しかも学習能力があるため、一度、飼い主さんがやってしまうと味をしめてしまい何度もやってしまうという性質をもっています!

そこを理解しつつ、接し方を改めてみましょう!

スポンサーリンク

猫に起こされない対策とは?

猫は夜行性のため、夕方と明け方が基本的な行動時間となります。
そのため、人間とは逆の生活時間となるわけです。

そんな事知ってるわーい

とはいえ、猫ちゃんの生活リズムをかえることはなかなか難しい。

となると、こちら側が変えるしか方法がありません。

 

パターン1

とくに子猫のうちは、猫本来の行動パターンで過ごすことが多い。
しかも子猫の場合、胃が小さいのでまとめ食いができません。となると、夜ご飯から朝(通常7~8時くらい)までだと流石にお腹がもちません。

そこで、甘え声で飼い主さんを起こしに来るのです。

 

対策!

夜寝る前に、少し余分に餌を置いておくことで腹持ちがよくなるでしょう。
子猫の場合、大人になってくれば人間の生活習慣に慣れてきて合わせられるようになるため、それまで見守る!

 

パターン2

成猫でも一度、早朝ごはんのおねだりに成功すると味をしめてしまい、もらえるのが当たり前になってしまいます。

 

対策!
いつものごはんの時間まで絶対に起きない、あげないを一週間徹底すれば猫ちゃんもこの時間は「もらえない」とわかってくるでしょう。

また、ご飯を欲しがるのではなく、遊んでほしい、かまってほしい猫ちゃんもいます。
その場合も相手にしないこと!

そのかわり、飼い主さんが起きてるときに甘えてきたら思いっきり遊んであげましょう!

 

おすすめアイテム

先程の対策を一週間以上続けても効果がない!

という猫ちゃんもいます。

元々猫は、頻回捕食者と言って、小さい獲物を何度も食べるらしいです。
しかも、胃があまり膨らまず喰いだめが苦手。
もし仮に食べすぎてしまうと、消化が追いつかず吐いてしまうことも。

となると、お腹が空っぽ状態なのでご飯のおねだりがヒートアップしてしまいます。

そこで悩んでいる飼い主さんにおすすめなのは

タイマー式の給餌器!

これですと、勝手にニャンちゃんが食べてくれるのでわざわざ飼い主さんが起きなくてもいいんです。

しかも、えさがオープン状態でなく時間になったら出てくる、開くようになっているなどの機能となっているため衛生的です。

気になる値段はというと、1万円以上のものから2000円前後のものもあります。

1万円前後の商品はカメラ機能がついていることが多く、部屋の様子が見渡せ、猫ちゃんの行動がバッチリ見れます。

2000円前後の商品は、時間になったら自動で餌が出てくる仕組みが多いです。

朝のおねだりだけでしたら、カメラ機能はいらないでしょう!

そこで、2000円~4000円くらいまでのお手頃価格の範囲内に絞って3つ選んでみました!(送料はいれてません。値段は変動することがあります。)

選んだ理由として、販売台数、口コミ評価が多いものをチェックしています!

ということで、メリット・デメリットを載せておきますので、置き場所、大きさ、使い方などを考えてあったものを選んでみてください。

 

1.ottostyle.jp オートペットフィーダー※4食トレイ/LCD表示・タイマー・録音機能付

値段:3996円(Yahooショッピング)
外形寸法:(約)幅32×奥行32×高さ13cm
重量:(約)1.4kg(電池含まず)
容量:(約)450cc×4回 / 1.8L
電源:単2型乾電池 4本(別売り)
材質: ABS樹脂・PP樹脂他
付属品:日本語取扱説明書 ※電池は付属しておりません。
お手入れ方法:水洗い

 

メリット

飼い主様の声を録音して「ごはんだよーっ」てアナウンスでお知らせ。

餌を入れるケースを外して洗えるため衛生的

ドライフードだけでなくウエットフードにも対応可能

電源は電池なためコードレス。なので猫ちゃんがケーブルを噛む心配が無く安心。

 

デメリット

餌入れが扇型の形なので、舌がそこまでとどきづらい。
(スコティッシュフォールドのような、顔が丸くて大きい猫ちゃんには不向き)

餌入れの形状が奥に深い形なので若干食べにくい。

動く音が結構うるさい

ふた式のため剥がしてしまう(好奇心旺盛な猫ちゃんには不向き)

電源をOFFにすると時間も含めてすべての設定が消えるので常に電源ONにしておく必要がある

 

2.5L自動給餌機 猫犬小動物/ペットフィーダー(COM-KPF300)

値段:3980円(Yahooショッピング)
主電源:単1電池×3本(別売)
サイズ: 幅21.8×高さ38.8×奥行き38.6mm重量 1.7kg
容量 5リットル
付属品:日本語説明書付き

 

メリット
時間の設定・タイマーの設定が簡単なので使い易い

メッセージ録音可能でペットに食事をお知らせ!(一日3回、1回10秒ぐらい)

餌がつまらない設計

ローバッテリーインジケーターで電池残量をお知らせ!

フードトレイを取り外して綺麗に洗える

フタが簡単に開かないように回転式ロックがかけられれる

 

デメリット

1回分が最小で1/4カップでるため、子猫や少量食べの猫ちゃんには多すぎてしまう

餌の大きさが小粒の場合、パラパラと出てきてしまうことがある

ウエットフードでは使えない

本体はとても軽いため、好奇心旺盛な猫ちゃんだと倒してしまうことがある

 

3.オートペットフィーダー 2皿 2食分 シンプル操作 ドライ・ウェット対応

値段:2980円
サイズ:27x7x24cm /300mlx2
電源:単三電池2本(別売り)
付属品:英語マニュアル

 

メリット

保冷剤対応!

付属の保冷剤を冷やして、トレーの下にセット。夏場など室温が高い時期には特に便利。

シンプルな造りなため操作が簡単

コンパクトなため場所をとらない

 

デメリット

オンオフスイッチがないため、使わないときは電池をぬくしかなくちょっと面倒。

ダイヤル式タイマーなため、時計みたいにカチカチ小さい音がして耳障り

1時間単位のタイマーのため、2つ同時にオープンができない。(多頭飼いには不向き)

フード入れが平らなため食べづらい

 

以上、3つの商品をあげておきました。

が…くれぐれも「機械モノ」ということを頭に入れておいてください。
よく口コミで聞くのが、

何回か使って動かなくなった
全く作動しなかった

などの悪い評価があります。
こういった場合があるため、必ず保証期間を聞くこと!
お店や商品の種類などによって、保証期間が違っていたりするので必ず確認しておくといいでしょう!

それぞれメリット・デメリットがありますので、使いやすそうなものを選んでくださいね。

 

まとめ

今回は、朝早くご飯をせがむ猫ちゃんの対策についてお話してきました!

対策として

  • 夜寝る前に少しだけご飯を与えておく
  • いつもの食事時間の習慣をつけさせるため、せがまれても相手にしないこと
  • タイマー式の給餌器を利用する

の3つがあります!

猫ちゃんは自由奔放な性格なので、いちいちそれにつきあっていたらこちらが疲れてしまいます。

ですから、飼い主さんの負担にならない程度に猫ちゃんと接していきましょう。